シカゴ・タイプライター



脚本:チン・スワン

監督:キム・チョルギュ

キャスト: ユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョ、クァク・シヤン


韓流スターにも劣らない人気のベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)は、最近、燃え尽き症候群に悩まされていた。
そんなある日、古びたタイプライターがセジュの家に届けられ、
それ以降、1930年代の幻を見るようになった。

担当編集者はゴーストライターを雇うことを提案するが、断るセジュ。
しかし、ある日事故に遭い、全身が使えなくなってしまった間に、
誰かがセジュの代わりに「シカゴ・タイプライター」という連載を始め、さらにはその小説が大ヒットを記録する。

セジュは、その時からゴーストライターに頼り、作家としての心を無くしてしまうのだった。

ある日、セジュにゴーストライターだと正体を明かしてきた謎の男、ユ・ジノ(コ・ギョンピョ)は、
「スランプ克服まで代わりに小説を書くから、かわりに俺の女の恋を止めてくれ」と提案する。

こうしてベストセラー作家のセジュは、別れさせ屋になる羽目に。

さらに、セジュが守らなければならないジノの「俺の女」は、なんとすでに何度か会っているセジュの酷いアンチファン、ジョン・ソル(イム・スジョン)だった!

しかし、おかしな事にだんだん彼女に惹かれている自分に気付くセジュ…。

1930年代の売れっ子作家3人が現代に生まれ変わって繰り広げる、アンティークロマンス!






ストーリー:☆☆☆☆

キャスティング:☆☆☆☆☆

おすすめ:☆☆☆



過保護してます^^;


簡単にいうと、ストーリー難しかった。

ロマンチックラブコメディと書いてあるのもあるけど、全然です。
んー切ないラブが入ってますね。
現世でソルとセジュ想い合い
前世ではユルがスヒョン(ソルの前世)を想い、
現世で二人が両思いで、後ろから切なく見つめるジノ(ユル)

ジノの想いがとても切なかったな...

面白いシーンもあったけど、それは序盤だけ^^;

ラブコメ好きな方にはおすすめ出来ません。
現世前世と行ったり来たりしてて、
キュンキュンもそうないです。

視聴率がとれてないから面白くないわけではないです。
取れなかったのは残念だけど。

最初が少しつまんないかも..となって、見なくなってしまった人もいるかと思いますが、
続きが気になる展開もあったり
最後まで楽しめる..というか、見れると思います。
中にはアイン君の髪型が..と思うかと思いますが、それはそれで役に合ってた。
前世では髪あったりで、とてもかっこよかったです^^
前世フィヨンの色気にコロっとなりそうだった♪

それと
俳優さんたちの演技は良かったです。

私が好きなシヤン君は悪人役ですが、
恐い表情したりして、目の表情にも注目です。

映像はとても綺麗。撮り方、カット割良かったです。
まるで映画のよう。
あと、OSTもよかったです。
音楽担当はドラマ「トッケビ」チームだったそうで。素敵でした♪


7月から日本で初放送されます。Mnetです。
機会があれば見てみてくださいな。

関連記事
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ