シカゴ・タイプライター、13,14話。



■「シカゴ・タイプライター」ユ・アイン、イム・スジョンと共に前世体験

ドラマ『シカゴ・タイプライター』の俳優ユ・アインとイム・スジョンが小説を完成させるために前世を直接体験して記憶を集めた。

26日午後放送されたtvNドラマ『シカゴ・タイプライター』では、
ハン・セジュ(ユ・アイン)とチョン・ソル(イム・スジョン)が、前世の中の自分たちに直接会った。 





ハン・セジュとチョン・ソルがユ・ジノ(コ・ギョンピョ)の助けを受けて前世を経験した。
彼らは自身を見ることができない前世の人物を見て
「ここでは私たちは幽霊のような存在みたいだ」と、推測した。
特にソルは前世でリュ・スヒョン(イム・スジョン)が狙撃手(スナイパー)として活動するのを見て驚きを隠すことができなかった。

引き続き彼らはホ・ヨンミン(クァク・シヤン)と会って驚いた。 

そしてユ・ジノが彼らを再び現生で召還した。 

彼らは前世で本当の密偵が誰なのか疑い始めた。
彼らはお互いに対する疑いと配慮のために簡単に話し始めることができなかった。

一方、現実世界で一緒に夜を過ごすことになったソル、3人は食卓を囲んで座って一番幸せだった瞬間について話した。
この中でユ・ジノは
「すぐに明日どんなことが起きるのか、独立に対する心配も不安もなしで私たち3人が一緒にいる今が一番幸せだ」と、答えて感動を与えた。



■≪ドラマNOW≫「シカゴ・タイプライター」13話

26日に放送されたtvNドラマ「シカゴ・タイプライター」13話では、
前世と現世を行き来するセジュ(ユ・アイン)とソル(イム・スジョン)の様子が描かれた。

セジュは前世で日本の手先であるテミン(クァク・シヤン)とユル(コ・ギョンピョ)が会う姿を目撃した。そして再びジノ(コ・ギョンピョ)によって現世に戻ってくることになった。
セジュは前世で見たことをもとに密偵がユルだと疑った。

これと同じくソルは自分の母親を密偵だと疑い、ジノは前世でスヒョン(イム・スジョン)を密偵だと思っていた。



■「シカゴ・タイプライター」13話 ユ・アイン&イム・スジョン&コ・ギョンピョ、前生目撃後疑い始める

『シカゴ・タイプライター』イム・スジョンとユ・アインが京城での過去を目撃して帰ってきた。

26日に放送されたtvN金土ドラマ『シカゴ・タイプライター』13話では、セジュとソルが、1930年代の京城に移動する様子が描かれた。

この日、ハン・セジュとチョン・ソルが過去で発見したのは、自分の前生であるリュ・スヒョンだった。
リュ・スヒョンは狙撃以降、その場を脱してホ・ヨンミンに出会い、「緊張していて、大通りまで一緒に行ってほしい」とエスコートをお願いした。

以後、リュ・スヒョンとホ・ヨンミンが別れると、
ソルとセジュはそれぞれ別々に2人の後に続いた。

セジュが目撃したのは、密偵ホ・ヨンミンと会うジノの姿で、ソルはリュ・スヒョンの仲間に密偵がいるという事実を知ることになった。
この中で、現実のゴーストのジノも自分の死が誰かに銃で撃たれたことを思い出し、
その犯人がリュ・スヒョンである可能性があるという事実を疑った。

これに急いで現実に戻ることになったソルとセジュ。
ソルは密偵として自分の母親を、セジュはジノを疑った。
結局、セジュは「元々、見て聞いたことはお互い偽りなく話すことにしたが、今日は疲れているから先送りしよう」とし、記憶の共有を先延ばしにし、
ソルとジノも「そうだな、疲れているから」と賛成した。

以後、一人残って悩んでいたユ・ジンオは自分の腕にできた亀裂を発見した。
亀裂は徐々に大きくなっていき、ジノは「これは何だ?」と混乱を表わした。
理由を知るためにユ・ジンオはワン・バンウル(チョン・スギョン)を訪ねた。

ジノがワン・バンウルのノートパソコンを通じて、
「このような現象がなぜ起こるのか」と尋ねると、ワン・バンウルは
「宿っているものの命が尽きたか、つまらない人間の物事に介入して霊体のオーラを消耗したか」と答えた。
それとともにワン・バンウルは、
「亀裂が徐々に大きくなり、いつかは完全に消滅するだろう」と言い、ジノを困惑させた。

一方、ソルは正体を知ることができない怪人にオートバイ事故に遭うところだった。
セジュを狙っていた者が、実際にはソルを狙っていたのだ。
これにセジュとジノは、ソルに「何が起こるか分からないから、当分の間一緒にいよう」と短期同居を提案した。

一緒に夜を過ごすになった初日、3人はテーブルの周りに座って一番幸せだった瞬間について話した。
この中でジノは「明日に何が起こるか、独立に対する心配も不安もなく、俺たち3人が一緒にいる今が一番幸せだ」と答え感動を誘った。





■『シカゴ・タイプライター』コ・ギョンピョ、ユ・アイン&イム・スジョンとの別れ準備?“ほろ苦い独り言”

『シカゴ・タイプライター』コ・ギョンピョ、ユ・アイン&イム・スジョンとの別れ準備?“ほろ苦い独り言”

『シカゴ・タイプライター』でコ・ギョンピョが、ユ・アインやイム・スジョンの元を離れる準備をした。

27日に放送されたtvNドラマ『シカゴ・タイプライター』では、チョン・ソル(イム・スジョン)のために料理する
ハン・セジュ(ユ・アイン)とユ・ジノ(コ・ギョンピョ)の姿が描かれた。

ソルは、セジュの寝室で起床した。彼女は「成功したオタクの朝を迎えてみようか」と言って背伸びした。
キッチンでは、セジュとジノが朝食を準備していた。
二人は互いを牽制し合ってソルに気に入られるために料理し、ソルはジノが作った料理を選んだ。

これにセジュは
「キョヌや、ご飯食べろ」と言って愛犬に料理を食べさせようとして笑いを誘った。
だが、ジノは彼らとの別れを準備する姿が視聴者を切なくさせた。

ジノは
「愛に言葉があるなら今しろ。
笑みを浮かべたいなら今笑ってみろ」と声に出さずに独りごと、セジュとソルを眺めた。




■「シカゴ・タイプライター」14話

27日に放送されたtvNドラマ「シカゴ・タイプライター」14話では、ジノがセジュとソルのそばを離れる準備をする様子が描かれた。

3人は幸せな日常を送っていたが、ジノは幽霊であるにもかかわらず、人間のように関与し、体にひびが現れ始めたのを見つけた。
ジノは結局自分が消滅してしまうことを知り、別れの準備を始めた。

ジノは消滅する前にセジュのために「縁」初稿の写本を記者に提供した。
ソルは前世のカフェマダムで、現生の母親が過去に密偵だったとセジュとジノに話した。
ソルは母親を前世で会ったと言い、「カルペディエム」マダムのソフィア(チョン・ミソン)だと明かした。
実際にソフィアはヨンミン(クァク・シヤン)に旗揚げの場所と時間を伝え、自分の息子を刑務所から出してほしいと提案した。

テミン(クァク・シヤン)とサンミ(ウ・ドイム)は手を握った。
記者(イ・ギュボク)は「縁」の初稿を入手して盗作疑惑を提起した。

記事が広がり、テミンを囲むマスコミは冷めてしまった。
ジソク(チョ・ウジン)はテミンとの契約を破棄して、ソヒ(チョ・ギョンスク)にも警告のメッセージを送った。

その瞬間に落ちたテミンはセジュを恨み、サンミと手を握ったのだった。

サンミはソルを家に引きずりこんで監禁した。
その間、テミンはソルの命を口実にセジュと取引をした。
セジュに、自ら記者に電話して盗作疑惑がすべてでっち上げだと言えと脅迫した。
脅迫が通じないとテミンは殺そうとし、セ
ジュはそれを止めようとして屋上から落ちてしまった。

関連記事
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ