シカゴ・タイプライター、1,2話。



ユ・アイン、イム・スジョン主演の「シカゴ・タイプライター」がベールを脱いだ。

変化無双な性格の天才作家に扮したユ・アインと、ハツラツさと勇敢なイメージで帰ってきたイム・スジョンの演技変身が目立った。



韓国で7日に放送されたtvN金土ドラマ「シカゴ・タイプライター」では、シカゴのカフェに立ち寄ってタイプライターを見つけたハン・セジュ(ユ・アイン) の姿が描かれた。

タイプライターを見ていたセジュは、1人の女性の声を聞いた。
過去にタイムスリップしたシーンでは、独立運動家の服装をしたチョン・ソル(イム・スジョン) と変わらず何かを書いているセジュの姿が描かれた。

時は1930年代、京城(キョンソン、今のソウル) のあるアジト。
過去のチョン・ソルはセジュに
「ペンは剣より強く、タイプライターは銃より強い。
いい文章を書いて。
女を口説いて富貴栄華を夢見るのではなく、本当に偉大な文章を」とお願いした。



現実のセジュはタイプライターを見ながら、妙な気持ちに包まれた。
彼はカフェの店主にタイプライターを売ってほしいとお願いしたが、店主は競売でやっと手に入れたものだと、丁重に断った。

しかし、その夜、妙なことが起きた。レコードが自分で回ったり、タイプライターが自分で動き始めた。
タイプライターは引き続き、“私をハン・セジュ作家のところに送ってください”というメッセージを伝え、次第にホラーのような雰囲気を作っていった。

結局、タイプライターは便利屋を運営するチョン・ソルによってセジュの手に渡った。
チョン・ソルはある女性の依頼を受け、自分でセジュに荷物を届けた。

チョン・ソルの母でシャーマンであるワン・バンウル(チョン・スギョン) は
「あなた、今日変なもの届けてきたのか」とチョン・ソルから普通ではないオーラを察知した。
特に
「たとえば、骨壷みたいなもの」という話でタイプライターに何か事情があることを暗示した。

タイプライターによって闇のオーラが広まった「シカゴ・タイプライター」。

ドラマの終わりにはセジュの小説通り殺人を犯したある男性が登場し、セジュの命を脅かした。
そのとき、元射撃選手だったチョン・ソルが現れ、セジュの命を救った。

タイプライターによって絡まった2人。
セジュが引き続き過去の声を聞くなど、おかしな現象に包まれた中、2人を不安に陥れるタイプライターの正体が何なのか、関心が高まっている。





『シカゴ・タイプライター』ユ・アインとイム・スジョンのタイプライターにまつわる縁が始まった。

7日に放送されたtvNドラマ「シカゴ・タイプライター」1話では、ソル(イム・スジョン)は
便利屋として宅配を依頼され、セジュ(ユ・アイン)の家に行く様子が描かれた。

ハン・セジュは文壇界のアイドル、スター作家だ。ハン・セジュの小生はヨーロッパベストセラー1位となるなど大きな人気を集め、彼は直接シカゴまで飛んでファンサイン会を開いた。

ハン・セジュはその場所で古いタイプライターを発見する。彼はタイプライターの前に立ち、タイプライターで伝説の声を聞き興味を感じるもタイプライターを手にすることはできなかった。

しかしハン・セジュは偶然のきっかけでタイプライターを得ることになった。シカゴのカフェの主人が死亡したのだった。タイプライターは韓国に運ばれ、便利屋にて仕事するチョン・ソルがこれをハン・セジュに配達することになった。

チョン・ソルは文人オタクであり作家ハン・セジュの熱烈なファンだ。
個人的な事情で獣医の仕事をしばし休み便利屋で仕事をしていた彼女はこれをきっかけに
ハン・セジュの家に向かうことになった。

ときめく気持ちでドアを叩いたが、最近ストーカーに悩まされていたセジュはソルをストーカーと考えて門前払いした。

セジュの熱烈なファンでもあるソルは
「私は前世で国を売ってしまったようだ。神がくださったチャンスなのに声が裏返っちゃうなんて」と落ち込んだ。

その時、犬が現れて扉が開き、自然と家まで入ることになった。
中に入ったソルに、セジュは「一体どうやって入って来たんですか? 君は何だ? ストーカーか? 」と勘違いした。

そして
「私が確認していない宅配は家に入れない。世の中には時期や嫉妬にかられて時間を無駄にする人間があまりにも多い。
ストーカーや原稿を盗んだという被害妄想者たち」とソルを責め立てた。

犬はセジュの作品アイテムが収められたUSBを食べて逃げてしまった。

犬アレルギーのあるセジュはソルを前にして逃げた犬を捕まえるようにし、ソルはUSBをセジュに渡すことに成功した。
セジュは助けてくれたお礼にソルにフォーマットされた自分のノートブックとUSBを渡して帰した。

しかしその後、セジュは執筆室で自分をこっそり覗いている誰かの視線を感じ、
これに対して犯人をソルと疑った。

疑ったセジュはソルに「失せろ」と毒舌を吐いてソルに衝撃を与えた。

しかしセジュを追いかけていた真のストーカーの正体が明らかになった。
ストーカーは銃を持ってセジュを脅し、この際ソルが現れて彼の命を助けた。




「シカゴ・タイプライター」ユ・アインとイム・スジョンの前世が公開された。

韓国で8日午後に放送されたtvN「シカゴ・タイプライター」でチョン・ソル(イム・スジョン) はストーカーのために腕を痛めたハン・セジュ(ユ・アイン) の代わりに、新作の草稿をタイピングした。

その瞬間、2人の前世ヘストーリーが移った。
1930年代にもソルは手を怪我したセジュの代わりにタイプライターで原稿を打った。

セジュは新聞に原稿を載せるため、自転車に乗って走ったが倒れてしまった。
この時、笑いながらソルが登場し、セジュは「走って! 10分後に輪転機が回る」と、原稿を彼女に渡した。

しかし、ソルは新聞社の反対側に向かい、
「言ったじゃない。偉大な文を書いてと。そんな三流小説が新聞に載るのは、紙面の無駄使いだよ」と指摘した。

セジュは明るく笑いながら離れて行くソルをぼんやりと眺めていた。










『シカゴ・タイプライター』のユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョの縁が本格的に始まった。

8日に放送されたケーブルチャンネルtvN金土ドラマ『シカゴ・タイプライター』(演出キム・チョルギュ、脚本チン・スワン)は、ハン・セジュ(ユ・アイン)とチョン・ソル(イム・スジョン)とユ・ジンオ(コ・ギョンピョ)の縁が本格的にスタートする姿が描かれた。

セジュは自分が見る幻影の中に登場する人物と同じソルに好奇心を持ち、ジンオはセジュのゴーストライターとして強烈な初登場を見せた。

この日の『シカゴ・タイプライター』でソルは
セジュの命を救ったが、セジュを傷つけようとしていたストーカーが拘置所で自殺をし、
セジュはスランプに陥った。

セジュがストーカーによる家宅侵入を受けたことについて、ある記者がストーカーがハン・セジュを攻撃した理由を暴露した。記者はストーカーの妹からストーカーとハン・セジュが手紙をやりとりしながら交流していたという情報提供を受ける。

これについて記者はストーカーがハン・セジュンのもとを訪れた理由は、ハン・セジュがストーカーが送った手紙を利用して文章を書いたからだと報道した。

先立って、ストーカーが自宅に侵入して銃口を向けて脅迫し、ハン・セジュは危機に追い込まれたが、チョン・ソルが劇的に助けて命拾いをしていた。

記者の暴露後、ハン・セジュは世間の注目の的となった。
これに出版社の社長であるカル・ジソク(チョ・ウジン)は誰が情報提供者なのかと怒り、セジュはソルのことを思い出して、彼女を疑って責めたてた。

警察署にいるストーカーと面会したセジュは
ストーカーがハン・セジュの小説の中の内容が自分に送られたメッセージだと思って、
小説の内容に従って殺人まで犯したと話した。

続いてセジュの痛い過去について言及し、
「お前と俺は似ている。俺を理解できるはずだ」と話した。
驚愕したセジュは
「お前はただ関心を集めたくて殺人をしただけだ。
賤しい人生の恨みを殺人で晴らしただけだ」とし
「私はお前なんかとは違う。私があなたを理解するだろうという妄想は捨てろ」と伝えた。

ストーカーは
「俺を理解して共感するふりをしておいて、今更、俺を否定するのか」とし、
「お前のせいで俺の人生は終わった」と叫び、続いて
「お前も一度、痛い目に合って見ろ。
お前も一度、お前の文のせいで死んでみろ」と脅迫した。

彼はしきりに見える幻影の中の人物であるソルに関心を持ったが、ソルはすでにセジュと言い争った後に旅立っていた。

セジュの本を出版する出版社の社長カル・ジソク(チョ・ウジン)は
セジュへの催促を続けた。

1カ月が経ったが、締め切りまでに原稿が出てくる気配が見えなかったため、
「それなら、ゴーストライターを使おう」と提案し、
「今、私たちに必要なのは、ハン・セジュが書いた文章ではなく、価値を持ったその名前だ」とハン・セジュのプライドを傷付けた。



決心をして文を書こうとしたセジュは、自分が壊したノートパソコンを発見し、
古いタイプライターに手を伸ばした。
その瞬間「カルペ・ディエム」というクラブが目の前をかすめたが、
彼は精神安定剤の副作用だと考えた。

"ゴーストライター"の話にストレスを受けたセジュは寝ている間に新しい前世の夢を見る。

タイプライターの前に座ったが、まだ文章を打つことができない彼は、
眠りから覚めて混乱状態のときにたばこを吸おうとして、
随分と前に止めたタバコを手に取って
どこから現れたのか分からない「カルペ・ディエム」というマッチ箱を発見する。

心の中で「こんな骨董品が家にあったのか」と考えはしたが、
特に疑うことなく火をつけた。

続いて再び前世の場面がよぎって
過去の自分の横にあった同じ形のマッチ箱を見て、彼は身震いをし驚き「俺は狂ったのか」と家を飛び出す。

車を走らせたセジュは事故を起こし、
山の下へと転がり落ちた。
ここに、
彼の前から消えたソルが現れた。



同じ時刻、セジュの家の作業室の中に陣取ったジンオは古いタイプライターの上に手をのせて
文章を打ち始め、これから3人の将来がどのような方向に展開するのか、期待を高めた。

tvN『シカゴ・タイプライター』は
韓国で毎週金曜日と土曜日の午後8時に放送される。


いつものように、翻訳できてませんが
だいたいの雰囲気で読んでもらえれば^^;
あらすじ書いてくれてる方、いないかなー(頼っちゃう


まだ始まったばかりだから、何とも言えないけど、
私は1,2話見て面白かったという感想です。

プッと笑えるところも少しあれば、ミステリアスな謎もあったりと。
でもラブコメ好きな人だと面白くないかもね。キュンキュンほしい人向けではないし。

少し内容が難しいかもしれないけど、これからも面白くなっていきそう。な予感。

また映像うまく切り替えて(色んな角度?から撮ってて
音楽もいい感じ。
OST、トッケビの音楽担当してた人が、このドラマでも参加してるみたいで(ほぉ~

特にアイン君の演技は、やっぱり上手いなぁーって思いました。
話し方、仕草、目線、、うまい。
スジョンさんも、上手い。


次回(3話)からギョンピョ君本格的?に登場ですね。
あれは、、どういう。
セジュが事故に遭うとわかってての、ジンオが代わりに書き始めた感じがするような。
セジュの事故と同時で動きだしてますもんね。
出版社の社長が何だか怪しく感じるなぁ。ゴーストライターの提案をしたし。
セジュの事故現場にソルがいて、、なんでそこに?!なんですけど。
あとね、テミンの母親も怪しくて。
みんな怪しくて気になります(笑)


1930年代のセジュ、かっこいい^^

今の髪型は、、^^; でも役に合ってる感じだわ。
関連記事
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ