yoo君、ドラマ「鬼」の5人の新年の挨拶。



俳優コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、BTOBソンジェが、2017年を迎えて新年のあいさつをした。

2日、tvNの金土ドラマ「わびしく燦爛な神(しん)-鬼」の主演コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ソンジェが感謝の心をこめた新年のメッセージを掲載。



コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ソンジェなど「鬼」の5人組みは、
忙しいスケジュールの合間に
自身のシナリオに直筆で真心のこもったあいさつの言葉を書いた。



キム・シン役のコン・ユは、「明けましておめでとうございます!」という新年のあいさつとともに
「どうか僕たちが愛することができるようにしてください」という
鬼キム・シンの愛を願うキュートなコメントを加えて
ドラマに対する特別な愛情を証明した。






死神役のイ・ドンウクは
「新年!福!沢山!」という短いあいさつといっしょに
シナリオの後ろからひょっこりと顔を出したキュートなポーズで見る人のほほ笑みを誘った。

鬼の花嫁チ・ウンタク役のキム・ゴウンは、
清純で溌剌としたほほ笑みで
「明けましておめでとうございます」というあいさつの言葉の中間に
センスいっぱいにハートを配置して愛らしさを加えた。

ひとりぼっちでもかっこよく生きているフライドチキンのお店の社長で
鬼キム・シンの妹であるキム・ソンの生まれ変わりだったことが明かされた
サニー役のユ・インナは、
「2017年新年も沢山の福をもらってくださって、いつも元気で幸せでいてください。
『鬼』を最後まで愛してください」という
直筆のメッセージとかわいい顔文字まで描きこむというセンスを見せた。

ソンジェは、「鬼の5人組み」の末っ子らしく
キュートなポーズを取った。
片手で頭に角を作って
「視聴者の皆さん! 新年も『鬼』とともに! 幸せになってください」と、
愛嬌いっぱいのメッセージを送った。



コンユ君、カッコイイ~
かっこよさ..ずっっっとキープやね♪♪^^
全然若いわ~



ここで気になった記事を...
ドンウクssiのキャスティング秘話。



ケーブルチャンネルtvNの金土ドラマ『寂しくて、輝かしい神 - 鬼』(以下『鬼』)の受益者は、
やはり俳優イ・ドンウクのようだ。
コン・ユ&キム・ゴウンの調和に劣らず、
イ・ドンウク&コン・ユ、イ・ドンウク&キム・ゴウン&コン・ユ、
イ・ドンウク&ユ・インナの演技の呼吸が視聴者たちに楽しみを伝えている。


死神イ・ドンウクは、誰と一緒に並ばせても興味深いということだ。
鬼のキム・シン(コン・ユ)とはあれこれと言い争い、
チ・ウンタク(キム・ゴウン)をあの世に連れて行こうとする強靭な印象の死神だったが、今や2人は友達になった。
チキン店の社長サニー(ユ・インナ)の前では、内気で話しかけることもできない無邪気な男性のように見えるが、
前世での切ない縁が示唆されて
視聴者たちに衝撃を抱かせる準備もしている。


『鬼』のキム・ウンスク作家がコン・ユのキャスティングに時間をかけた事実は公然と知られている。
キム作家は制作発表会で
「5年に渡って断られてきた。
そのため今回ドラマのオファーをする時にも慎重に行った」と明らかにしている。

イ・ドンウクのキャスティング秘話はよく知られていなかった。

業界によると当初、キム作家はイ・ドンウクをキャスティングしようとしていなかった。
最初に自分が考えた死神のイメージとイ・ドンウクが全く似合わなかったからだ。

キム作家の『鬼』のシナリオを見たイ・ドンウクは、
脇役キャラクターでも参加するという意思を示し、所属会社の代表まで乗り出したが、
キム作家の心を変えることはできなかった。

所属事務所の代表は、固いキム作家の言葉に諦めたが、イ・ドンウクは違った。

『甘い人生』『乱暴なロマンス』『アイアンマン』『風船ガム』など、様々な作品で主人公としてのキャリアを積んだ彼だったが、
必ずしも主人公でなくても参加したかった。

登場人物のすべてを生かすキム作家の魔法に興味を感じたため、
あきらめることができなかった。

結局、所属事務所側はキム作家が外国にいる夫に会いに飛行機に乗るとき、
同じ飛行機のチケットを手に入れてイ・ドンウクに渡した。
彼は飛行機の中で直接キム作家と対面して自分をアピールし、
最終的には死神のキャラクターを獲得することに成功したという。

台本とキャラクターに愛着を見せたイ・ドンウクは、キャスティング確定後に悩み、分析を重ねた。

そのせいか「イ・ドンウクの死神」は、今まで見ることのできなかった死を導くキャラクターとして表現されている。
ダンディーでセクシーで洗練された死神が鬼ほど身近にファンを魅了している。

また、ますます明らかになるキム・シンとサニーの切ない関係は、
視聴者をも切なくさせる展望だ。




初めはキャスティングされてなかったんですね@@
イメージから外れてたという。


事務所代表も動いたけれど、断られ、
それでもドンウクssiは諦めずに行動に出て..

この死神の役を絶対に自分のものにしたいドンウクssiの気持ち、すごいですね。

同じ飛行機に乗ってアピールしていたとは...
絶対逃したくなかったんでしょうね。

死神、ドンウクssi合ってます^^

関連記事
2017.01.05(Thu)   韓国ドラマ * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ