シヤン君、ジュヌ #14,15




ミレが可愛いです^^




■「最後から二番目の恋」クァク・シヤン&キム・スルギ、
親しいケミ誇らしげ”恋愛操作団”に変身


クァク・シヤンとキム・スルギがタフな恋をしているキム・ヒエとチ・ジニを助けようと
相性バツグンの恋愛操作団に変身する。

1日に放送される「最後から二番目の恋」では
以心伝心の言葉が必要ないジュヌとミレが、まともに始めることもできなくて
別れを迎えたミンジュとサンシクのために、秘密の作戦を繰り広げる。

消息を絶ったミンジュとサンシクが自然に再会できる方法を見つけようとする
ジュヌとミレの姿があり、悩んだ末に、二人が作戦として考えた案は、まさにSNSだ。

過去の放送でミンジュとサンシクは、過去にウノの事故にまつわる真実のために
葛藤と和解を繰り返し、お互いの気持ちを確認したけれど
ついに別れを選んだ姿に切なさを催した。

特にミンジュはウリ市から離れることによって、サンシクとの縁をきれいに整理をすることに。

これにジュヌはサンシクに、ミレはミンジュにそれぞれ違った理由で
SNSをしてみてはと勧め、二人が再び会うことができるようにと繋がりを用意する。
たとえ遠く離れていてもSNSの状況を通じて、
お互いの情報を知ることができるようにすること。
ジュヌとミレは、ミンジュとサンシクが不幸な過去の記憶から抜け出して
思う存分恋することができるように、心から協力をしていく見通しだ。

一方、さわやかカップルケミで注目されているジュヌとミレは
ミレの感情の変化に新たな関係の進展に対する期待感を増している。

勢いに乗って今週放送される「最後から二番目の恋」(14、15話)では
いつもと違うミレの行動に、異常なオーラを気になるジュヌの話が描かれる。

これに制作側は
「家族同然の友人として、ドラマのプロジェクトを一緒にするパートナーとして
男女としてのさまざまな感情を積み重ねていくジュヌとミレのエピソードに
多くの関心と期待をお願いしたい」と呼びかけの言葉を伝えた。



■「最後から二番目の恋」ステファニー・リー、クァク・シヤンとリラックス再会

1日放送された「最後から二番目の恋」14話では、
ジュヌの心を冷静に整理中のジソンの姿が目を引く。

一層楽になった顔でジュヌに向き合ったジソンは
変わらない明るい表情を見せ、挨拶を交わす。

ジュヌはエピロンをつけて明るく笑っているジソンに会って
新しい職場に対して尋ね、ジソンの状況についても関心を示した。

ジソンはとても喜んでジュヌを歓迎した。

ジュヌ「ここで仕事としてるの?」
ジソン「そうよ」と話しながら照れた。
ジソン「聞いたわよ」
ミンジュとジュヌの関係について言及し、ジュヌは「そうだ」と明らかにした。

ジソン「すごく大変だったんだね」と慰めた。
ジュヌ「いや、大丈夫だ」と答えた。
ジュヌはジソンに「大丈夫か?」と尋ね
ジソンは「大丈夫よ、今は。演技のレッスン受けているし」
「カン・ミンジュさんが紹介してくれたの。
ジュン(ジュヌ)以外に惹かれたのは初めてよ」と告白した。

「健康的になったし、心は少しずつ良くなっていってる」と淡々としながらも
はっきりと答えた。
続いて、ミンジュがたくさん助けてくれていると付け加えた。



これにジュヌはうなずいて
「お前にとって僕よりもミンジュさんのほうが良い人になるだろう」と
笑顔を見せた。

ジソンはジュヌの言葉に同意し
「それでもジュン(ジュヌ)は私にとって相変わらず良い人よ」と
相変わらずジュヌに向けた愛情を表わした。






■「最後から二番目の恋」キム・スルギ、クァク・シヤンに特別な感情を感じるか

キム・スルギはクァク・シヤンが近づくたびにドキっとした。

ミレがジュヌの料理教室で写真を撮る姿が描かれた。

ミレはジュヌが顔を近づいたとき、慌てた。










ジュヌはミレがあげたSNSの写真を見て
「何で僕の写真ばかりあるんだ?」と尋ね、ミレはこれに対してごまかした。



■「最後から二番目の恋」キム・スルギ、クァク・シヤン ”胸キュン”スキンシップ

キム・スルギとクァク・シヤンは、友人のように友人ではない関係を継続した。

ジュヌのスキンシップに妙な感情を感じるようになったミレの姿が見られた。

ジュヌは友人であり、実の妹のように思ってきたミレと
さりげないスキンシップをした。


一緒に写真を見て肩を組むような形で。
しかし、ミレはこれを意識した。


二人の妙なスキンシップは、洗濯物をする過程にも発生した。

ジュヌは布団を洗濯するミレを手伝うために、ズボンの裾を上にあげた。
ミレは
「自分が恋愛しているときはすることもなかったのに」と不機嫌な話し方をしながらも
嫌ではない表情を見せた。



それでもブツブツと嘆いた。
ミレはジュヌが恋愛に忙しいときに、自身が一人でしなくちゃいけなかったことを言って
神経質に洗濯物を踏んで洗った。



このとき、ミレが滑りそうになって、ジュヌがミレをすぐさま抱きしめ引き上げた。
ジュヌの胸に抱かれたミレは、表情管理をすることができなかった。



ジュヌはこのようなミレを可愛いように眺めて、頭を撫でた。






■「最後から二番目の恋」クァク・シヤン、
          ステファニー・リーに「お前は妹、キム・スルギは友人」


キム・スルギがクァク・シヤンに対する片思いを育てていった。

ジソンと一緒にいるジュヌの様子をこっそりと見ていたミレの姿が描かれた。

この日、ジソンは、ウリ市の広報大使に選ばれた。
そのあとジソンはジュヌと会って
ジュヌ「お前が願った姿が、このような姿だったのか」と笑った。

ジュヌを頼っていた姿とはまったく違う姿に。
ジュヌはそんなジソンを心から拍手を送り応援した。
ジュヌ
「こんな風にお前が一人でよくしているのを見てるといいよ」と激励した。

ジソンは「それじゃ私たち・・また会うこと(恋人関係)できるの?」と尋ねた。

この様子をミレは見守っていた。


ジュヌは首を横に振った。
「お前はそのままいつも見守りたい妹のような存在」と線を引いた。
ミレはこの言葉を聞いて不安になっていた。

ジソンは
「私は妹、ミレさんはただの友人なの?」と尋ねて、ミレを注目させた。

しかしジュヌは温かく笑ってうなずいた。

ジソン
「どのくらい綺麗で賢い女性と会うのか、これからも見守っていく」と意地を張った。

またジソンはジュヌの頬にキスをして
「これは単なる妹からの感謝のキス。じゃあね」と帰っていった。
ミレはその姿をすべて目撃し、
自分自身を友人というジュヌの言動に失望する姿を見せ、寂しさを感じたミレ。


その後、ミンジュが制作したドラマの発表会をすることになった遊覧船で
一緒に参加したミレとジュヌ。
ジュヌはシェフとして料理の顧問を担当することになった。


ジュヌが口元を汚していたミレの唇を拭いてあげると、
その姿を見ていたミレを気にしているウリ市の職員は
「ただの友人ですか?特別な仲のようだ」と心配していた。
ジソンは「特別なことでもある。兄と妹?」と楽しく答えた。

ジュヌは
ミレに関心を持つ男の登場に心の変化を表して、二人の関係の変化を示唆した。


パーティ中、突然雹と雨が降り始めた。
ミレは翌日家の中から出てこなかったし、ジュヌは「肩を揉みたい」と話したが
ミレは「しないで」とこらえた。
ミレは子供の頃から親しく過ごしているジュヌに対する片思いに混乱している。

その後、ミレは自分の気持ちをメモに書いて、漫画本に挟んで
ジュヌにこっそり伝えようとしている姿を見せた。




ミレ・・かわいいなぁ~

でもさ、ジュヌスキンシップしすぎじゃない?

アイグ~て耳をつかまれ、ホッペにツンとされちゃ~
ミレ・・ますますジュヌのこと好きになっちゃうやん♪
んで、ニコっと笑顔になるジュヌで。
トキめいちゃうでしょ、アレされちゃ。誰だって、私だってキュンとしちゃうわ。

ジュヌはミレのこと妹でしか見てないんだろうけど、、

その後は~
ミレが写真撮ってるとき、ジュヌが映像を残してるときに何かを取ろうとして
ミレと目が合うシーンもよかった。
ぎこちなくなってるミレ・・チラッと意識して見てるのよね。

ミレが作ったジュヌのお店HP見るとき、ジュヌはミレの肩を組んで見るんだけど
ミレ、ドキドキしちゃってるぅ~
いや~ミレを私だと思って見ると、何だかキュンキュンしちゃいます(笑)
ちゃっかりジュヌを写真に撮ってたんやね~ ほかにもたくさん撮ってるの持ってそう^^
言い訳っぽいこと話して言葉濁してる感じだったけど。


あとは洗濯のシーンはいいですね~ 一緒にチャプチャプ♪
洗濯物ふみふみ♪
ミレが後ろにこけそうになって、ジュヌが抱き起こす♪
あまりにも密着しすぎてないかい?(ちょい嫉妬
顔も近いしさ~(ミレが羨ましい

少し妙な空気になってジュヌはからかって?いましたが、
ミレはドキドキしてたけど、強がっちゃってましたね^^;
ミレに頭ナデナデ・・・いいなぁ~ 私もナデナデしてほしいよ。
その後は楽しく洗濯してましたね^^ はしゃいでる感じ♪


ジソンがジュヌと話してるところを、ミレが見かけたとき。
あの看板の隙間から見てるとは(笑)
ミレの表情よかったですよね^^ 嫉妬?してる感じが。
でも、ジュヌがミレとは友人って言っていたのを、ミレにとっては少し寂しそうな表情してましたね。
ミレはジュヌが好きだから、ね。

ジソンがジュヌに不意ポッポしてましたね。
それ見たミレは何かブツブツ口元が(笑) 思わず笑っちゃったよ。
「何してくれとんねん!」って言ってる風っぽくって><
看板の後ろに隠れてたけど、ジュヌに見つかってましたよね^^;
看板に合わせてる?言い訳をしててかわいかった。

最後の最後、ミレはジュヌに漫画を持ってくるんだよね。
しかもタッチ。私の好きな漫画だわ♪
たっちゃんとみなみ、幼馴染だから、ジュヌとミレも同じような感じだよね。
でも想いはミレのほうがあるけれど~

ミレがメモ挟んでたの、、あれなんて書いてたんだろう。
ミレの気持ちだと思うんだけど。
ジュヌは作業してて本を落としちゃって、その弾みで挟んでいたメモが・・・
何も気づかないジュヌ。

・・・で最後終わっちゃって。

ミレの想いはなかなか伝わらないですな。


伝えたところで、今までも関係が壊れちゃいそうになるのも怖いだろうね。



16話見ましたが、ジュヌが家を探してて悲しそうなミレでしたね。
サンシクとミンジュが幸せそうだから、、、ね。
お兄ちゃんのせい!みたいな感じで言ってたし。
ミレはジュヌがいなくなったら、、、何も手つけられないと思うな。
部屋に閉じこもっちゃいそう。

ミレがミンジュの後輩君と会ってたときに
ジュヌとジソンが食事しに同じ店に来てたんだけど
ミレがミンジュ後輩君と会ってて笑顔で話してるのを見て
何も思わないジュヌなのかな。少しは嫉妬してくれてもよかったんだけどなぁ。

ジュヌがジソンを妹でしか見てないと言ったときの、ミレのちょこっと嬉しそうな顔
よかったな~
ジュヌの隣、誰もいない空席ですもんね♪

その後は漫画喫茶に行ってましたが~
ジュヌが寝てるとき、ミレがしゅきアリのチュウ♪しそうだったのに
ジュヌが起きちゃったよ^^;
鼻触らなかったら、チュウできたのにぃ~(笑)
んでどうしていいものかとミレは、ジュヌのホッペを叩いて”蚊!”だって(笑)
いいコンビだな~

今夜は17話ですね♪


関連記事
鍵コメ Yさんへ
おはようございます~

頭ナデナデしてほしいですよね^^
ほんと意識してないから、ミレに気軽にスキンシップできるんだろうけど~

あ、そういわれてみれば・・・
ジソンがデートですか~って聞いたときのジュヌが後輩君見て~の、ミレをジジジと見てましたね。
自分以外の男といるミレにちょい嫉妬?したのかなー

17話でジュヌとミレが作ったウェティングケーキを作ってましたね。
いいね!ポチッとしてきました^^

ミレがジュヌに告白しようとした時、ジュヌ止めてましたね。
そんな風に言ってたと思います♪(私も韓国語わからんので^^;
うわぁぁぁ~♪ですよね^^
ミレのメモをやっと見つけて~ミレの少し前からの行動に気づいて~
ミレが綺麗に着飾って~ ジュヌが見惚れてる?顔して~
もうキュンとしますよね♪

ジュヌにはまだ時間が必要?なのかも。
でも断られたわけじゃないし、待っててと言われたら・・待つしかないですよね^^;
告白はナムジャからじゃないと♪

ミレその後家に帰って・・思い出してはニヤニヤしてますね^^嬉しそう~
スマホに何枚もジュヌと一緒に撮った写真ありましたよね~
あう~いいなぁ~

あはは!占い^^ 変な心配しちゃいますよね。そりゃー親しそうだったらね。
シヤン君みたいな人が、自分の近くにいたら・・勘違いしそうになりますよね。
たまに夢に出てきます。添い寝してたりと。へへっ。

インスタ見てきました~
昨日3人は出発したみたいですね。シヤン君は今日なのかな?
えぇ!あのイベントの時ギョンホさんと話してたのあったんですね。
探してみます~

うわぁ!もう目の前ですね!!近いね~
目とかも完全に合っちゃいそう~ドキドキだね^^
またお話聞かせてくださいね~

楽しんでいってらっしゃい~(^▽^)/~~

2016.10.10 * [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.09 * [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.09 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ