yoo君、インタビュー。



久しぶりにコンユ君^^;

映画すごいみたいだね。


「欲張るべき映画がある反面、欲張ってはいけない映画がありますが、この映画は後者です。
欲張るべき映画からオファーがあれば、出演はしますが、あまり好まないんです。
『釜山行き』は本当に、皆が一つになった感じが強い作品でしたし、
ヨン・サンホ監督に対する信頼が大きかったです」



コン・ユは今年「男と女」でスタートし、「釜山行き」そして「密偵」まで、休むことなく観客の前に立つ。
彼は15年演技を続けているが、
常に自分を客観的に評価するために努力し、むしろ厳しい点数を与える。
今まで俳優として歩んできた道である以上に、
これから歩んでいくべき道であるため、
それが自分を追い詰める方法だった。





映画「釜山行き」(監督:ヨン・サンホ)でコン・ユは
家族より仕事を大事にするファンドマネージャーソグ役を演じた。

「トガニ 幼き瞳の告発」以来、人生の演技だと言えるほど、
周りの変わる状況によって変化していく彼の感情をしっかりと表現し、好評を受けている。
また狭すぎるKTX(韓国高速鉄道)の中で
繰り広げられるゾンビたちとのアクションシーンは、圧倒的な没入感と緊張感を与える。


「実はアクションは、元々『サスペクト 哀しき容疑者』が
今までのアクション映画の中で最高だったので(笑)
『釜山行き』のアクションも自信がありました。
しかし、相手が動きが不規則なゾンビだったので、息を合わせるのが大変でした。
それでもこの映画ではチェ・ウシク、マ・ドンソク兄さんと一緒だったので大丈夫でした。
ゾンビ役を演じた俳優たちの中には武術チームもいて、
一般の方々もいましたが、その方々のほうがもっと大変だったでしょう」






久々に見て、写真素敵だったから載せてみた。


最近映画が多いコンユ君。
なのでぜんぜん追ってません^^; ・・でも嫌いになったわけじゃないから。

王道です(笑)
コヒプリの時から好きだった^^
最近、コヒプリで検索して来られる方多いみたいです。どこかで放送してるのかな?


今回の映画「釜山行き」かなりHITしてますね!
そんなにいいのかな~気になります。観てみたいな~


もうドラマに出ない人になるのかなーと思ったら、今度ドラマ出るみたいですね(いまさら?
でも、、プレッシャーもありそうだね。
流行ってた「太陽の末裔」のドラマの脚本?演出?さんの次回作品に、コンユ君が出演みたい。


関連記事
2016.08.03(Wed)   コン・ユ * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ