「魔女宝鑑」~8話まで。




ジュンとヨニの切ないロマンス・・にキュンとなる。




■「魔女宝鑑」ユン・シユン&キム・セロン、5年ぶりに再会


ユン・シユンとキム・セロンがついに再会を果たしたが、
キム・セロンのことを思い出すことはできなかった。

韓国で4日午後に放送されたJTBC金土ドラマ「魔女宝鑑」第7話では、
ヨニ(キム・セロン)が5年ぶりにホ・ジュン(ユン・シユン)を発見し、彼を助ける内容が描かれた。

これに先立って、ホ・ジュンはホ・オク(チョ・ダルファン)によって濡れ衣を着せられてしまい、
命を落とす危機に陥った。
ヨニは、結界を破って外に出て、倒れているホ・ジュンを見つけた。
そうやって2人は5年ぶりの再会を果たした。



目を覚ましたホ・ジュンは、ヨニの顔を見たが、「誰だ、この女性は」と呟いた。
結局、ホ・ジュンはヨニのことを思い出せずに、再び気を失った。





■「魔女宝鑑」ユン・シユン♥キム・セロン 再会、忘れてはならない運命


ホジュン(ユン・シユン)とソリ/ヨニ(キム・セロン)が再会したが、確認できなかった。
ジュンを思い出したのはソリだった。
そしてソリは再会した記憶を消そうとした。

ジュンがソリに会って結界の中に入ることになった。

この日ソリは結界をくぐって来たジュンを生かした。
ホ・オク(チョ・ダルファン)から濡れ衣を着せられ、命を落とす危機に。
ヨニとヨグァン(イ・イギョン)はジュンを結界の中に連れてきた。
しばらくして気がついたジュンは5年ぶりに会ったヨニを調べることもできなかったし
ヨニ/ソリもやはりヨグァンにジュンを知らないフリをした。

気がついたジュンは結界の中のところを歩いた。
好奇心に飲んでみたことでジュンは書物の内容をすべて覚えることができた。
ジュンは誤って火を起こし、書物に燃え移って使えなくなってしまった。



ヨグァンとソリはジュンを殺そうとしたが、ジュンは書物の内容を全部覚えていたので、命を助かった。
ジュンは一日で書物の内容を復元しなければなからなかった。

オクは偽りでジュンの死体を持ってきた。ソンジョはこれを利用した。
民の心をつかむためには、偽であっても構わないということ。



プンヨンはそのようなソンジョに忠言したし、その瞬間ソンジョの体に異変。
体からトゲが出る
体にとげが出る正体不明の病気があること。
シム氏が突然押しかけたが、ソンジョとプンヨンは危機を免れることができた。

しかしソンジョの前にホンジュが現れて、病気を治すと出た。
ソンジョはホンジュの魔術に夢中になるようだった。
現在ホンジュは死んだヒョンソを生かすための黒魔術を実行中、ヒョンソが突然消えた。

ヨニ/ソリは忘れ水を作った。ジュンに飲ませるためだ。





ヨニ、、ジュンだとすぐにわかったんだけど、ヨグァンには知らないとね。。。言っちゃうのさ。
でもねしばらくしてすぐにジュンも気がつくの。ヨニだと。
初めて会ったときも目元しか見えてなかったから、今回も目元だけ。
だけど冷たい態度のヨニに不思議がるんだよね。後ろについていくジュン可愛かった^^

5年ぶりの再会なのにヨニは
自分が相手が愛してしまうと命を落としてしまうかもしれないからと冷静になる。
(ヨニだよな)そうだよな?と言われても違うと言うしか...

書物を燃やしてしまうシーンには笑っちゃった^^;
大事な書物なんだけど、ジュンとヨグァンの二人のあたふたしてる感じがぷぷp
最後は池?にポイっと放り投げるジュンに
ヨグァンは呆然と固まってて(笑) その表情にもう笑っちゃいます^^;
書物を燃やしてしまう前に 知らずに飲んだ記憶する水、飲んでてよかったね。

緊迫したシーンもあれば、間あいだに笑わせてくれるシーンも入れてくれたりと
楽しみながらドラマ見てます^^

思い出してすべての文を書き終えたジュン。
そろそろここから(結界中)出て行かなくてはいけない。
ソリは忘れ水を作るんですよね。ジュンに飲ませようと。
ここで会ったこと、忘れさせるために。。。(泣ける
最後にヨリに会って帰ろうとするんだけど、黙って書物を置いて帰ってしまいます。。
行った後のヨリはほんと悲しそうだった。

ヨグァンは途中までジュンを送ります。
喉が渇いただろとヨニが作った”忘れ水”を飲ませようとするけど、ジュンは気づいちゃうんですよね。
ただの水ではないことを。
飲みたくなかったけれど飲むんですよね。それはヨリのためと思うようにしたのかな。
切ないジュンです。。。



■「魔女宝鑑」イ・ジフン、民の心を取り戻そうと嘘をついた。

4日放送されたJTBC「魔女宝鑑」で、王ソンジョ(イ・ジフン)が国民たちに
”赤い道袍”を捕らえたと嘘をつく姿が描かれた。

この日、ソンジョは偽の”赤い道袍”を捕らえてきて
真犯人を捕まえたと嘘をつくホ・オク(チョ・ダルファン)に官職を下した。
すでにオクが嘘をついているとわかっているプンヨン(クァク・シヤン)はソンジョに
「なぜそのようなことをされたのですか」と話し荒立てた。

しかしソンジョもやはり王としての苦衷であった。
”赤い道袍”が出回って人々を殺している中で、王に対する不信が深くなっていたため。
これに対しソンジョは
「民心は嘘も気にしない」とし「ただ貶する的が必要になるばかりだ」と疲れたそぶりを見せた。

プンヨンはすぐに本当の”赤い道袍”がまたほかの犯行を犯すことに懸念したが
ソンジョはこれに対し知ようとも思わなくて決定を変えなかった。




ジュンはオクの目の前に現れるんですよねーこいつのせいで。。
そのまま落としたらよかったのに、生きる価値なしだよ。

オクほんと腹立つわー 



■「魔女宝鑑」ヨム・ジョンア、イ・ジフンと取引をして
         ”私を信じられるなら 病症をなくして差し上げます”

ホンジュ(ヨム・ジョンア)がソンジョに病気を治すと言う話で接近した。

ホンジュは体の病気を治療するためにピジョプ(避接)にいたソンジョを巫女を送り拉致した。

ホンジュ
「私は殿下の命を生かそうとやってきました」と、自分がソンジョの病気を治すことができると話す。
しかしソンジョは、そんなホンジュの言葉を信じなかった。
ホンジュ
「あちこち体中の皮膚が裂け、トゲが出てきてる」と言ってソンジョの病症を読み取った。

以後ホンジュは直接魔術を働かせ ソンジョの腕に出たトゲを全部なくした。
驚いたソンジョにホンジュは
「私を信じてくださるなら 病症をなくして差し上げます」と言う言葉で説得した。

ソンジョを捜し回っていたプンヨンにソンジョは、散歩をしていただけだとし
ホンジュと会ったことを話さなかった。

ホンジュはソンジョとの対話を成功に終わり微笑を浮かべたが、
すぐヒョンソ(イ・ソンジェ)が失踪したという頼りに慌てる。



警備してるのに、、、魔術使われたらなーアカンな。
プンヨンには幻覚でヨニが見えてしまって、追いかけていって・・・
切なくヨニを抱きしめたと思ったら、、、護衛を抱いているという。うわぁ、、、
プンヨン可哀相すぎるわ。

思ったんだけど、、、プンヨンの護衛、、”赤い道袍”の仲間とか違うよね?
ちょっと怪しいなぁって。
仮面をかぶってて、正体見せないようにしてるし。
一応巫女なわけだし女性かなと。
プンヨンと行動一緒の時は他の仲間がその仮面つけてるとか。
ただの護衛だけじゃなさそうで怪しいな~って思ってきた。考えすぎかな。





■「魔女宝鑑」ヨム・ジョンア、不吉な気勢を抱いて宮に復帰

ヨム・ジョンアが再び宮に戻った。

この日、ソンジョはホンジュだけが自身の病気を治せると知って
再びホンジョを宮に呼ぼうとした。

ホンジュの要請により、星宿庁を再び立てるという意向を明らかにしたソンジョは
大臣たちの激しい反発にもかかわらず、再びホンジュを宮に呼び入れた。

シム氏の反対、大臣たちにも劣らなかった。
先立ってホンジュに、自身の息子を殺したと信じているシム氏は涙で訴えて
ホンジュの帰還を積極的に反対したが、ソンジョの意地を折ることはできなかった。



しかしシム氏の心を変えたのはホンジュ本人だった。

ホンジュは病気のソンジョに近づいて、世子の魂が入った壷を開け
ソンジョの体に世子の魂を入れた。

ホンジョは意味深な微笑を浮かべてシム氏に近づき
「大妃さまとの約束を守るために、このように帰ってこなかった」
「再び世子をお返して差し上げる」と囁いた。
ホンジュの言葉が終わるや否や、扉を激しく開けて出てきたソンジョはシム氏を見て
「オモニ、、、ブです」と話し、世子の行動を真似てシム氏を当惑させた。

ホンジュが世子を再び変えることができたとわかったシム氏は心を変えて
ホンジュを宮に入れることに賛成し、ソンジョとは同床異夢の路線に続いた。


宮に帰ってきたホンジュと会ったプンヨンは
「殿下に何をやったのか。
もし殿下に毛先でも触れれば、あなたの命は私が...」と警戒した。

一方、ジュンは自身に罪をかぶせた”赤い道袍”という濡れ衣を晴らすため
妓生のマノルが殺害された場所を訪ねて行った。

格別な観察力で現場を見回したジュンはマノルを殺した真犯人を捜すのに
より一層近づいた姿を見せた。

”赤い道袍”を捜すのはジュンだけでなかった。
プンヨンもやはり本当に'赤い塗布'を探すのに血眼になっていた。

マノルが使った部屋を見回そうとしていたプンヨンは
先立って入っていたジュンと会うところだったが、
ジュンが女装をして視線を避け、危機を免れた。



ホンジュに謎のトゲが生えてくる肌を治してもらって、、、ソンジョはホンジュを宮に戻しちゃったよ@@
大臣やシム氏、みんな反対してるのに。。
ホンジュの力(魔術)も強くなってきてるっぽいね。
幻覚で亡くなった世子をソンジョの体に入れさせたり、また戻したり。


プンヨンは亡くなったマノルのことを調べてたら、ジュンがいて・・
女装になって部屋から脱出するけど、怪しいと思ったプンヨンは追いかけます。

あの時の人物(ホクに濡れ衣をね...逃げて追いかけてた男ジュン)だと気づいたプンヨンは
取り押さえます。

シヤン君、表情や感情すごいね。がんばってるね。






4日に放送された第8話の終わりでは、
それまでのちょっと足りないような様子のホ・ジュン(ユン・シユン)を見せてきたが、
本格的にヨニ(キム・セロン)とのロマンスが発展する兆しが見える。

ホ・ジュンはヨニと縁が深く、5年ぶりに再会した時ヨニが作った薬を飲んで
彼女に関する記憶を忘れたが、押し消そうとしても運命のように惹かれるふたりだった。
危機の中でロマンスは始まった。
ヨニを守っていた結界が解けて、ホンジュ(ヨム・ジョンア)はヨニの気運を感じ取り、
ヨニはまた呪いのために髪の毛が白く変わってしまった。

この時登場したのがホ・ジュンで、彼の体には独特な模様が刻まれ、
ヨグァン(イ・イギョン)はホ・ジュンがヨニを守る人間結界だという事実を一歩遅れて知るようになった。
ホ・ジュンがヨニに駆け寄って彼女を抱くと、不思議なことに白かったヨニの髪の毛がまた黒にもどっていた。
ホ・ジュンがヨニを守る力があるというのが証明されたのだ。
呪いも阻むことができない運命的な愛だったのだろう。



ヨニはホジュンに呪われ、また白髪になってしまう。
宙に浮いたヨニが落ちてしまうそのとき、ジュンがヨニを受ける。
ジュンが戻ってきた~
同時にヨニの髪色が元に戻って。。。次回ですね。


ってか、ヨグァンが変装して捕らえられてるジュンの所に来たのよ。
でもジュンの顔は「誰?」な感じで。
そうそう、結界から出たジュンは”忘れ水”を飲んだので、
ヨグァンのことも忘れちゃったのよ。
ヨグァンはそうだよなー忘れたよなーと言ってるけど、ジュンが必要なわけで。

でもそのあとのシーン。回想。
ヨニがジュンに飲ませようとして”忘れ水”を作ったんだけど、実際には入れてなかったんだよね。
ってことはジュンは”忘れ水”を飲んでなかったということになりますね。
また次回わかるんでしょうけど。気になるよ。
それとヨニはジュンが自分のこと忘れてほしくなかったんだろうな。気になる存在ですな。


いやー脚本しっかりしてますね。それとうまいです。
見せ方もうまい。
詳しくはあとでパターンがたまにありますが、そんな苦じゃないですね。
えっ!?どうなった?ってなるけど、気になるけど、ちゃんとあの時は・・・って流してくれるから。


たまにね笑っちゃうシーンとか入れてて、見てて楽しいんですけど
ツボったのはコチラ。
ジュンが燃えた服を用意してくれた服に着替えようとしたら、、、
ヨグァン「?!!」チラッ♪
ジュンの胸に注目~玉枢経が刻まれてて・・・

飛びつくような勢いでジュンのとこへ。
そして胸をモミモミ(笑) ギュギュっと揉むと出てくると思ったのか^^;
爆笑ですよ~もぉ!!! 見て!このヨグァンの顔(笑)
イ・イギョン君の出演したドラマとか見たことあるけど、
ここまでの笑顔見たことないぐらいだったわ。
ちゃんと女性が好きだと言ってましたね^^; このシーン笑えました。


モミモミされた後のジュンのこの顔に・・・ また爆笑。
ちょっと間があったのがよかった^^ (キョトン....


プンヨン父はホンジュがいない間、動き出しいなくなってましたね。まだよくわからんです。
表情が別人っぽいので誰かの魂が入ってるのか、それともホンジュに操られてるのか。
でも操られてたら姿は消さないだろうけど、、、
なぜかヨニの居場所がわかってて?結界を解いた感じで。 謎ですね。



ヨニとソリ 名前どう書いたらいいのかまだわからない状態ですが
見てる人にはわかってもらえるかと^^; どっちの名前で書いたらいいんやぁ~(汗


次回も楽しみです。



関連記事
2016.06.07(Tue)   魔女宝鑑 * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ