ソンジュン、新ドラマ「マダム・アントワン」台本読みあわせ。



俳優ソンジュンとハン・イェスルの共演で話題を呼んでいる
JTBCの新金土ドラマ「マダム・アントワン」の初の台本読み合わせの現場が公開された。



ソンジュン、あいかわらずかっこいいですな。

・・だいぶ前の記事です^^;




10月27日、ソウル上岩洞のJTBC社屋では
「マダム・アントワン」の初の台本読み合わせが行われた。

現場にはキム・ユンチョルPDとホン・ジナ脚本家をはじめ
ハン・イェスル、ソンジュン、2AMのジヌン、ファン・スンオン
ピョン・ヒボン、イ・ジュヒョンなど、約30人の俳優とスタッフたちが出席した。


キム・ユンチョルPDは台本練習に先立って
「こんな素敵な俳優の皆様とご一緒できて嬉しいです。
『マダム・アントワン』は感情のリアリティがあるイギリス風のラブコメドラマで
荒唐無稽な話ではなく、愉快で心温まるストーリーを描いていく予定です」と挨拶した。

また「まるで初デートみたいに相手俳優に集中してほしいです」
という頼みを付け加えた。



5時間行われた台本練習は始終ワクワクした雰囲気の中で笑いが絶えなかった。

ハン・イェスルとソンジュンは初共演というのが信じられないほど
大胆に台詞のやりとりをし、完璧な呼吸を誇示して注目を集めた。

二人が描いていく偽占い師と心理学者の特別なラブストーリーへの期待感を倍増させた。


ハン・イェスルは
「一生懸命頑張って良い結果が出るように努力します。宜しくお願いします」と覚悟を伝えた。




ソンジュンも現場で特有のシックな魅力優しい魅力を行き来する魅力で
心理学者チェ・スヒョン役を完璧に表現した。


最後にキム・ユンチョルPDは
「本当に良い台本だと思います。
台本を読む度に新しく発見するところが多いし
人と感情によって違う感じで伝わってくるのがとても興味深いです。
面白い要素がたくさん秘められている台本です」と作品に対する自信を示した。


「マダム・アントワン」は
他人の心はよく分かるが自分の心は分からない二人の男女
愛のファンタジーを信じる偽占い師のコ・ヘリムと
愛に無感覚な心理学者チェ・スヒョンの
熱くて甘い心理ゲームを盛り込んだロマンチックコメディドラマだ。


MBCドラマ「ベートーベン・ウイルス~愛と情熱のシンフォニー~」
「キング~Two Hearts」などを通じて
多数のファンを獲得しているスター脚本家のホン・ジナと

JTBCドラマ「私たち愛することができるかな?」
MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」を演出したキム・ユンチョルPDが
意気投合した作品だ。


「マダム・アントワン」は韓国で現在放送中の「D-DAY」の後番組として放送される。



ドラマ・・ちょっと面白そうかな。

ニセ占い師と心理学者。 共通点は、人の心を感じる・読んでみるですよね。
ま、ニセ占い師だから適当に言っちゃってそうですけど^^;
まじめな心理学者を演じるソンジュン。
2人の心理合戦とかありそうで、ドタバタなラブコメっぽい感じがするなぁ~


最近ウギョルに力いれすぎちゃってますが、、
ソンジュンのドラマもなるべく追いたいと思います^^;




↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑

関連記事
2015.11.25(Wed)   ソンジュン * コメント(2) 
鍵コメ Yさんへ
こんはんはです~
ほんと寒くなってきましたね>< 指先が冷えて冷えて・・・
本格的な冬がやってきたかな。

さてさて、ソンジュンですが~
最近ウギョルメインでやってるので、つい記事を後回しにしてしまいます^^;
んで忘れてしまうという・・
あらちょっとまだ先なのですね?でも楽しみデス♪
ツンツンしてる役っぽいので、ドキドキしてまふ~

そうそう!私も思ってました~おんぶもそうですが・・シヤン君の充電♪♪
あれ?ワンがやってたのと同じっぽいですよね^^
手を大きく広げて~飛びついてハグ♪
なので、シヤン君見てるな、このドラマ。って思いました(笑)
ん~ですね、キスシーンなんて激甘だから・・めちゃ嫉妬しちゃいますよ。

んでまたチラっと映ってましたよね。充電♪甘~~いなぁ♪♪(照)
また後で記事しますね。
2015.11.26 * [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.25 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ