奇皇后



奇皇后』     2013年  全51話


脚本: チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン

演出: ハン・ヒ、イ・ソンジュン

キャスト: ハ・ジウォン、チュ・ジンモ、チ・チャンウク、ペク・ジニ、チン・イハン ・・・



元の宮廷を舞台に、高麗に生まれ
逆境から元の皇后にまで上り詰めた女性ヤンの愛と闘いを描くロマンス史劇。







舞台は、13世紀末から14世紀中頃にかけて、東アジアから東ヨーロッパにまたがる
広大な領域を支配したモンゴル帝国の中国領であった元。

高麗の少女ヤンは元への貢ぎ物「貢女」として、母や多くの女たちと共に連れ去られる途中
人質として同行していた高麗の世子ワン・ユの助けで逃亡。
しかし、ヤンの母は追ってきた元の将軍タンギセに殺されてしまう。

逃げ延びたヤンは身を隠すため少年スンニャンに姿を変え
ワン・ユの叔父であるワン・ゴに仕えることに。彼が最も信頼する手下へと成長する。

弓などの武術に長けたスンニャンは、チンピラたちのボスとして
その名が知られるようになるが、そこに別のグループのボスであるワン・ユが勝負を挑む。

実はこのワン・ユこそ高麗の王子なのだが
実質的な権力者であるワン・ゴの目を欺くために放蕩な生活を送っていた。

いがみ合うスンニャンとワン・ユだが、2人はワン・ゴが手を染めている塩の密売事件を巡って
協力し合うことで、互いの素性も知らぬまま絆を深めていく。

ワン・ユは、調査中に偶然知り合ったスンニャンを男と知りながらも
なぜか魅かれるものを感じる。


この事件の後、ワン・ユは王に即位し
一方のスンニャンは手下が盗んだ指輪から自分の父親が巡軍万戸府の万戸長だと知る。

武術に自信のあるスンニャンは兵登用試験に応募し、自分の正体を明かさずに見事に合格。
その武術の腕前から父親の側近に抜擢される。

ある日、元から皇太子のタファンが流刑で高麗にやってくることに。
元を牛耳る丞相ヨンチョルは、そこでタファンを暗殺する計画だった。

巡軍万戸府はタファンの護衛を任せられることになり、スンニャンもそれに同行する。



元の権力者から命を狙われているタファンとスンニャンは運命的な出会いを果たすが…。











ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:


BSで視聴で週1放送だったから、すごく長かったー^^;

よかったです。
後半途中は早送りしながら見てたけど。

全体を見て・・私は前半が好きだったなぁー
タファンもヤンも可愛かった。 キュンキュンしたよ♪

タファン派♪
でも後半見ると、あ・・ワンユもいいかもって思っちゃった♪


ヤンの表情や・・メイク?が強い女性(王妃)にだんだん変化してきた時はすごいなぁーっと思った。
少し変えただけなのに、印象もだいぶ違って見えて、セリフもそうなんだけど
ジウォンちゃんってこういう役、似合ってるね。気の強い感じ。
演技もさすがやね。


最後見たときは、ヤン以外はみんないなくなってしまうんじゃないかと思った。
ま・・ほぼいなくなったけど。
悪役がたくさんいるドラマは好きじゃないんだけど、これは見れた^^;
誰が一番悪か・・・いっぱいいますけど、怖い顔の印象があるのはヨンチョル丞相。
最期まで怖かった。
タルタルもなぁー 最後は2人の頼みに悩んでて・・可哀想だった。
タルタルいい奴やったよ。
コルタは・・・そう来るか。。。


メイキングはYouTubeで見ました。現場の雰囲気いい感じだったんですね。
見てほのぼの~♪しました。



↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2015.08.08(Sat)   奇皇后 * コメント(2) 
鍵コメ Tさんへ
お返事・・かなり遅くなってしまってごめんなさい><

私もチャンウク君にハマりました。キュンキュンと♪
どこかの記事で制作側の一部は不安に思ってたみたいですが
チャンウク君のがんばりでしょうね、ストーリーが進むにつれて魅力が☆
バラ風呂・・意外といいカラダしてるんですねぇ^^
その中でのキスシーンはもぅ・・イイっす♪

ウビン君、ドラマ出演決まったんですねぇ~教えてくれてありがとデス。
楽しみだなぁ~

ソンジュンもドラマ選んでるのかなー?
結構休まずドラマ出演してたから、ゆっくりしてもらいたいのもあるんですけどね^^;
2015.08.28 * [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.23 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ