ソンジュン、インタビュー。



「ロマンスが必要3」のDVDがリリースされて・・・のインタビュー。


前から言ってましたが
邦題が気に入らないんだけど・・・^^;


「抱きしめたい」じゃなくて・・・「会いたい」「会いたかった」かな。
こっちのほうがしっくりくる~



―本作への出演を決めたきっかけを教えてください。

ソンジュン
「出演を決めたのは、台本がおもしろかったからです。
胸にグッと来る台詞も多かったですね。
キャスティングされた時は、まだシーズン1、シーズン2は見ていなかったのですが
若い女性たちから圧倒的に支持されて大ヒットしたドラマ
だということは知っていました。
マニアの多いシーズン制のドラマだということで
プレッシャーも大きかったです。
この役はうまくやって当然だ……という気持ちもありました。」



―ソンジュンさんが演じたチュ・ワンの魅力は何でしょうか?

ソンジュン
「チュ・ワンはジュヨン(キム・ソヨン) のことが好きなのに
ジュヨンの片思いが成就するようにアドバイスしたり、応援したりするんですね。
これは普通の男性だったらなかなか理解できないことだと思うんですよ。
僕も最初はワンのことが理解できませんでしたし
ワンを見ていると
「もどかしい」「やるせない」という視聴者からの意見も多かったです。
でも、作曲家としての揺るぎない自信があるせいでしょうか
ワンは仕事以外のことに関してはとても鷹揚で
自分が確信を持った感情については、周囲を気にせず
臆することなく自由に表現します。それが彼の魅力だと思います。」






―チュ・ワン(=アレン・チュ) は世界的な音楽家で
自信にあふれたキャラクターという設定ですが、演じる上でどのような点に気を遣いましたか?


ソンジュン
「作曲した曲がビルボードで100位圏内にランクインするような人なのですが
仕事以外の部分では作曲家としてのプライドを
誇示したりするようなキャラクターではないと感じました。
ドラマの中で、ジュヨンがワンのプロデューサーとしての仕事ぶりを見て
昔のようにいつまでも面倒を見てやらなければならない存在ではなく
世界的な作曲家だと改めて認識し
彼を1人の男性として思いはじめるシーンが登場します。
それほどに彼は仕事をしている時と、それ以外の時との切り替えが上手で
心の奥底にはしっかりと世界的な作曲家としての自信を秘めているキャラクターだと思うんですね。
なのでそういったオンとオフとのメリハリに気をつけながら演じました。」



―ソンジュンさんにもワンにとってのシンシン(=ジュヨン) のような
存在の方はいましたか?


ソンジュン
「ジュヨンみたいに
人生を教えてくれる素敵なお姉さんはいなかったと思います(笑)」



―キム・ソヨンさん、ナムグン・ミンさん、ワン・ジウォンさんの第一印象と
共演した感想を聞かせください。


ソンジュン
「共演するのはどの方も初めてでした。
ナムグン・ミンさんはユーモアのあるおもしろい方です。
ベテランなので、学ぶ点が多かったです。
ワン・ジウォンさんは年が近くて、話がよく合いました。
今考えてもキム・ソヨンさんには感謝することがとても多いです。
僕は至らない点が多かったのに、常にフォローしてくださいました。
共演した俳優を気遣う心が大きい方で、俳優として学ぶ点も多いです。
いつも現場に早く来て、しっかり準備をされていました。」



―キム・ソヨンさんとのキスシーンやベッドシーンが話題になりましたが
撮影中のエピソードがあれば教えてください。


ソンジュン
「ラブストーリーなので、どうしてもそういったシーンが多かったと思います。
特別に気を遣った点はありませんでした。
ストーリーの展開上、すべて自然なシーンなので……。」



―ドラマにはシン・ジュヨン(キム・ソヨン)、オ・セリョン(ワン・ジウォン)
イ・ミンジョン(パク・ヒョジュ)、チョン・ヒジュ(ユン・スンア) など
異なる魅力を持つ多くの女性が登場しましたが
ソンジュンさんの理想の女性に最も近いキャラクターは?


ソンジュン
「シン・ジュヨンさんとオ・セリョンさんを合わせたキャラクター?(笑)
僕はしっかりしていて賢い女性が好きなんです。
話す時にセンスやウィットに富んだ人がいいです。」



―劇中でナムグン・ミンさんが演じたカン・テユンとライバル関係になりますが
撮影時はどんな雰囲気でしたか?


ソンジュン
「現場では楽しく撮影しましたよ。
実際に起こったら理解できない状況だったと思います。
でも、ありえない状況も、ありうるように見せるのが物語の力であり
ドラマの魅力だと思います。」






―特に気に入っているシーンや台詞があれば教えてください。

ソンジュン
「ワンが幼いジュヨンと並んで歩くシーンが記憶に残っています。
ワンにはいい思い出として残っているジュヨンが
どうしてそこまで冷たく振る舞うのか
それぞれの記憶がどれほど違っているのか
お互いの違いをよく理解できたシーンなので記憶に残っています。」



―撮影中のコンディション管理はどのようにしていますか?

ソンジュン
「オフの時はトレーニングをまめにやろうと心がけていますが
撮影中はスケジュールがタイトで、ほとんどトレーニングをすることができません。
なので、できるだけちゃんと食べることを心掛けています。
でも撮影が始まると食事がとれない時もあって
(特別な運動をしなくても) ゆっくり痩せていくみたいです。」



―シンシンのために料理をするシーンも多かったですが
普段から料理はしていますか?


ソンジュン
「実際の僕は料理ができないんです。
明け方と一緒に起きておかゆを炊いて、ものすごくかわいい弁当を作る男……。
ワンはそういう点で、僕にとってはとても非現実的です。」



―「抱きしめたい~ロマンスが必要~」について周囲の反応はいかがでしたか?
また、視聴者の方々からどのような点が最も支持されたと思いますか?


ソンジュン
「台詞が共感できる。まるで自分のことみたいで完全にハマっちゃった」
という話をたくさん聞きました。
男の僕が考えてもワンは完璧に近い男性だと思うんですね。
このドラマは
ワンのような彼氏がいてくれたら”と感じさせる
ファンタジー的な部分を描きつつ
その一方で30代半ばの女性たちが感じているリアルな部分や
恋愛事情もストレートに描いているので、多くの女性の方が共感したり
ドラマをより身近なものに感じたりしたんだと思うんですね。
それが多くの方に支持された理由だと思います。」


―本作の脚本家のチョン・ヒョンジョンさんが
台本を執筆した「恋愛の発見」にもキャスティングされ
「ロマンスが必要3」に続いての出演となりましたが、いかがでしたか?


ソンジュン
最初にキャスティングされたときは
「ロマンスが必要3」と似たキャラクターなのではないかと
心配する声も多かったです。
でも、ワンが人間的にもかなり成熟したキャラクターだとすると
「恋愛の発見」のハジンは、まだまだ人間的に未熟な部分の多い人物で
その彼がさも成熟した人間であるかのように振る舞うことで
生じる様々な出来事を、ドラマでは描いていて興味を抱きました。
「恋愛の発見」も楽しく撮影しましたし、たくさんの方々から好評を得ました。」






―これからドラマを視聴する日本のファンのみなさんのために
「ロマンスが必要3」の見どころの紹介とメッセージをお願い致します。


ソンジュン
「こんにちは。日本の視聴者のみなさん。
”ロマンスが必要3”でチュ・ワン役を演じたソンジュンです。
”ロマンスが必要3”は33歳のヒロインの結婚と恋愛
そして仕事についてストレートに描いたドラマです。
多くの方々に共感していただき、楽しんでいただけたらと思います。
”ロマンスが必要3”に たくさんの関心と応援をお願いします。」



「抱きしめたい~ロマンスが必要~」DVD情報
DVD-SET1 2015年2月4日(水) リリース
DVD-SET2 2015年3月4日(水) リリース




ソンジュンの理想の女性・・・しっかりとしてて賢いかぁ。。。
それにおそらくスラっとした女性でしょうねぇ(棒読み)
ダメだ><
自分ではそう思ってないんだけど
「おっとりとしてて天然やね」ってよく言われます^^;
いい間違えとかよくあるからなぁー^^;言われてツッコまれるし。
なので全然ソンジュンの理想には届かず....デスネ(泣)

ソンジュンは料理はしないのね~
私が作ってあげるよ♪^^それか~一緒に作るとか?
「ねぇ~それこうやって切ってくれる?」な~んてね。←妄想バカ。

「ロマンスが必要3」観てない方、ぜひ♪ オススメしますっ

ワンワンにキュンキュンしてほしいな♪



↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑

関連記事
2015.02.07(Sat)   ソンジュン * コメント(2) 
鍵コメ Yさんへ
お返事たいへん遅くなってしまってごめんなさい...

そうですねーもう1年経ってるんですね。つい最近のようだったのに・・
邦題・・もっと"ちゃんと"考えてほしかったなぁ
誰が考えたのか・・気に入らないわぁー(ブツブツ・・)

ソンジュンの好きなタイプ。結構コロコロっと変わっちゃうのかな?
わかんないけど
某アイドルの方は・・違うような。
アイドルとは釣り合わないですよねーもし本当だったら・・イヤになってたかも。
過去に・・例としてあったのでね^^;
もう全然追ってないので、この辺で好きな俳優リストから外そうかなーなんて思っています。
熱しやすいし、次第に冷めちゃったりしますのでね。

ソンジュン・・いい感じですよね♪♪
今回のドラマ(まだ途中だけど)ソンジュンの役、イイですよ~
悪っぽい感じのソンジュンもハマってまふ♪
ほんとこれからもいろんな役柄を演じてほしいですね^^ 

「家族同士で何するの」もう終わったのかな?どうでした?
日本放送ではまだ前半ですが、楽しく観ていますよ♪
長男にはムカムカ・イライラしてきます。でも・・ちょっと可哀想にも思えちゃって
同情とかしてしまいそうで^^;
ダルボン、ソウル、ウノの三角関係 イイです♪ ソウルが羨ましいわぁ~
2015.02.17 * [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.02.07 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ