チャン・オクチョン



チャン・オクチョン』    2013年  全24話


脚本: チェ・ジョンミ

演出:プ・ソンチョル

キャスト: キム・テヒ、ユ・アイン、ホン・スヒョン、イ・サンヨプ、ジェヒ、ハン・スンヨン(KARA)



偶然の出会い・・・運命の愛・・・。


独創的な韓服作りで評判のチャン・オクチョン(キム・テヒ)。
だが母が奴婢であることが知られ、客が離れてしまう。

その頃、王宮では世子イ・スン(ユ・アイン)の妃選びが本格化していた。
ひょんな事から王室の服や布団を作る
針房女官で宮廷生活を始めるオクチョンだったが
優れたファッションセンスと才能を持った朝鮮時代のファッションデザイナーとして
厳格な身分制につかえることなく堂々と自分の人生を切り開いていく。



世子イ・スンは偶然を装って世子嬪候補と出会うはずだったが
手違いで服の寸法を取りに来たオクチョンと出会ってしまう。

そんな中で王・顯宗(ヒョジョン)が崩御し、スンが即位すると
大妃をはじめとする西人派と大王大妃率いる南人派の対立が激しさを増していく。

押され気味の大王大妃は甥チョ・サソクに対策を依頼する。
チョは美貌のオクチョンを使って王の心を取り込もうと目論み
オクチョンの叔父チャン・ヒョンもまた、彼女によって野望を達成しようとしていた。
こうして針房の女官として入宮したオクチョンはスンと再会、二人は急速に接近していく。


大妃の妨害をかわし、スンとオクチョンはついに想いを遂げる。
スンの寵愛を独占するオクチョンは次第に野心を膨らませていくが、
同時に大きな不安を背負うことになり……










ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:




BSで観たので全35話でした。
なので少しだけカットされてるのかな?

オクチョンといえば、悪女なんですよねー
トンイを観ていたので。トンイの時は強烈でしたけど^^;
このドラマのオクチョンは悪よりも悲のような感じがしました。

王女になりたいオクチョンは
王に気づかれないように、王女を貶めようとするんですよね。

このドラマでは3人の女の戦いがすごいなーって思いました。
王の母親が強烈でしたけどね。


オクチョン(キム・テヒ)よりも
アイン君がメインになっちゃった?ドラマだなーっと^^;
時代劇モノにキム・テヒはダメだったのかも。

アイン君はほんといい演技をしますね~ 惚れましたわ♪

一番はコロですけどね(笑) 時代劇モノ似合いますね。

オクチョンに片思いしていたイ・サンヨプも良かった~

密かに支えてて・・・実らない恋は切なかったなぁ。

あと、残念なのは、ジェヒ。
思ってたよりも出番が少なかった。 途中から出てきたんですが、出てくるの遅すぎ?
アイン君と恋敵になりそうだと思ったのに。ならない方になったし。
イマイチな存在になってしまって、可哀想。
ストーリーも予定してた話から変わってしまったのかな。



スンヨン・・・悪役だったけど、もっと勉強しなきゃね。表情が・・微妙。
韓服は似合ってたけど。




↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
てごみ さんへ
あ、ヨンハ派ですか^^ 確かにヨンハもいいですねぇ~

アイン君が時代劇モノ出てくれるなら、次は護衛で見たいな~
で、王女に恋する・・感じ。だったらなおイイ♪

2014.10.27 * [ 編集 ]
私もアイン君のコロ好きですよ♪でもあの作品ではク・ヨンハのジュンギくんがお気に入りです☆
2014.10.26 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ