優しい男



優しい男 [原題:世界のどこにもいない優しい男]』     2012年  全20話


脚本: イ・ギョンヒ

演出: キム・ジンウォン、イ・ナジョン

キャスト: ソン・ジュンギ、ムン・チェウォン、パク・シヨン
          イ・グァンス、イ・ユビ、イ・サンヨプ、キム・テフン ・・・



一途に愛した女性に裏切られ、その女性に復讐するために別の女性を利用するが・・・
葛藤と愛の渦に飲み込まれていく男女を描いた、美しくも切ないラブストーリー





貧しくともお互いを支え合い、夢を叶えるために努力していた
カン・マル(ソン・ジュンギ)とハン・ジェヒ(パク・シヨン)。

マルは成績優秀、大学主席の医大生で、ジェヒはテレビ局で報道記者として働いていた。

屈指の財閥の娘に生まれ、後継者になるため徹底的に教育されたソ・ウンギ(ムン・チェウォン)
彼女には人間的な温かみが感じられなかった。


それぞれが一歩一歩、自分の夢に近づいていたそんなある日
マルが帰宅すると妹チョコが部屋で倒れていた。
慌てて駆け寄るマルの携帯に一通の電話が…
電話の先で泣き叫ぶ相手はジェヒだった。

この電話がこの先の彼らの人生を狂わせてゆく…。











ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:



マルは優しいね。タイトルの通りです。


ジェヒのことが好きなアン・ミニョン。

ジェヒのためにマルやウンギを消そうといろいろやるのよね。
でもジェヒがマルのことが忘れられないことを知ったアンの顔。
嫉妬メラメラで気持ち悪かったー^^;
ジェヒにキスしようとしたけど拒否られた時のアンの顔・・・
アン・ミニョンが出てくるたびに「気持ち悪いー」ってほどキモさが出てました。


マルもよかったけどー気になった俳優さんもいまして~
パク弁護士役のイ・サンヨプ。
「恋するメゾン」見ましたけどー印象がないわ^^;
あと「チャン・オクチョン」は良かったよ~
「優しい男」と同じような~ヒロインに片思いな役ですね。

ウンギのことが好きなんだけど・・・見守る感じが切なかったー




最後、ちょっと替わった場面ありましたね。
他の観た方でも書いてあったんですが
今まで涙を流してたマルで、時計も反時計回りだったのに
最終回だけマルは笑ってた(笑み)んですよねー
んで、時計も普通に時計回りに変わってて・・・ それ見たときゾワーって鳥肌立ちました。


最後はどう・・・
アンがウンギを刺そうとしたけど、いち早く気づいたマルがウンギをかばって
刺されちゃうのよね。気づかないウンギ。
見てる私はマル早く病院へ行かないと!と。
めっちゃ苦しそうで、痛そうで・・・
ウンギは気づいていないもんだから、マルに聞きたいこととか話したいみたいで
マルが「疲れたから帰ろう、また明日に」と言ってるのに
なかなか帰してくれないウンギにムカムカしてきました。
おまけに別れのキスまで・・・ マルはそれどころじゃないって(プンスカ)
んで、見送ったあと・・・・マルは途中で倒れてしまうのよね。

あとは結末が待ってるんですが~
あれは・・・本当に記憶喪失になったのか、それとも偽ってきたのか・・・
監督は視聴者の想像におまかせするという。
私はウンギみたいに一時は記憶失ってたけど、後に思い出してきて・・
ウンギには内緒で黙ってたのかなーって思いました。反省もかねて。
でも7年は長いな~^^;

チョコは結婚して幸せに暮らしてて~
ジェヒ兄も心入れ替えて、仕事見つけて~ んで、ウンギ秘書といい感じに?♪
よかったです。


ドラマ。意外とよかったかな。
途中長く感じたこともあったけど、続きが気になるし・・最後まで完走しました。


↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2014.10.19(Sun)   優しい男 * コメント(2) 
てごみ さんへ
マルはジェヒにも優しいし、ウンギにも優しい。
タイトルのように「優しい男」すぎますよね。
まぁ途中途中早送りで観たりと長く感じたこともありましたが
続きが気になる内容だったのでよかったですよ♪面白かったです。

2014.10.24 * [ 編集 ]
あめいちごさんの評価は高いんですね~
私はいまいちだったんですけど・・・まるのあいまいなところにいらっときまして
2014.10.23 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ