アジョシ



アジョシ』     2010年


脚本/演出: イ・ジョンボム

キャスト: ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、キム・ソンオ ・・・



心に傷を負った元特殊部隊員の男が
唯一心を許していた少女を救うために
犯罪組織との戦いに挑むサスペンス・アクション。





街の片隅の古ぼけたビルで質屋を営むテシク(ウォンビン)は家族も恋人も無く
質屋の客以外には、隣の部屋に住む少女ソミ(キム・セロン)が訪ねてくるだけだった。

ソミを一人で育てているクラブダンサーの母親は自分の暮らしで手いっぱいで
ソミの世話も、小遣いもろくに与えない。

ソミはテシクを“アジョシ(おじさん)”と呼び、慕っていた。

迷惑がりながらも、クラブダンサーの母親に構ってもらえず孤独なソミを不憫に思い
冷たく突き放すことができないテシク。

ある日、ソミの母親が犯罪組織から麻薬を盗み出したばかりに
母子は組織に狙われることに。

組織の男たちは母親が預けたカバンを取り戻そうと質屋にやって来るが
テシクは驚異的な身のこなしで反撃する。




しかし、ソミを掠われた上
組織の罠にはまって警察に逮捕されてしまうテシクだったが…。







ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:



観たいようなー観たくないようなー ウォンビンだから観たいけど
サスペンスなんだよね。


地上派で放送してたので録画して見てました。
サスペンスとか、ホラーとか苦手なのでなるべく見ないようにしてるんですが
ウォンビンだから観ました^^;

ちょっとね・・・目を手で覆いたい場面が多くて観るのに大変でした。
グロいシーンもあったし。バイオレンスな。
例えば・・・臓器が抜き取られてる部分とか。目のくりぬきとか。
ドライヤー(熱風)を脚に押し当ててたりとか。

あの兄弟はもうムカムカです。
弟のキム・ソンオssiが気持ち悪すぎて・・・


ウォンビンめちゃかっこよかった。全然アジョシでないです!!
アクションシーンがすごい。血だらけでもイケメン♪

ウォンビン演じるテシクは心の傷を抱えてるんだけど
終盤にかけてその訳がわかっていくのよね。

最後のほうは涙がポロリきたなぁーテシクの笑みでてました。
子役のキム・セロンもよかった。


ウォンビンが短髪にするシーン。キュンきました。

あとムキムキでしたね。あんまりムキムキ好きじゃないんだけど・・・ イイ♪(えへっ)


もう一度見たい?と言われたら・・・・ 観れないかな。
内容がグロいデス....><

バイオレンス的なシーンがあるので(多々)
苦手な方は見ないほうがいいと思います。

・・・でもウォンビンはかっこよかったよ♪



↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2014.10.16(Thu)   アジョシ * コメント(2) 
てごみ さんへ
よかったんですが~ イタイシーンもあるので観るの勇気いると思います。
ウォンビンかっこよかったです♪

2014.10.19 * [ 編集 ]
私もチェックしてる作品ですが、まだ観てません
よさそうですが、あめいちごさん同様グロイシーンは苦手です・・・
2014.10.18 * [ 編集 ]
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ