サメ ~愛の黙示録~



『サメ ~愛の黙示録~』     2013年 全20話


脚本: キム・ジウ

演出: パク・チャンホン、チャ・ヨンフン

キャスト: キム・ナムギル、ソン・イェジン、ハ・ソクジン、イ・ハニ、ナム・ボラ
                    イ・スヒョク、ヨン・ジュンソク、キョン・スジン ・・・



すれ違う初恋―。最後に辿り着くのは、愛か救済か。
愛と復讐のサスペンス・ラブストーリー



カヤホテルグループの令嬢チョ・ヘウ(キョン・スジン)は、自分を監視し続ける
ボディガードたちから逃げ出し、その最中にイス(ヨン・ジュンソク)と出会う。

奇遇にも、イスの父ハン・ヨンマンは、ヘウの祖父であるチョ・サングク会長の運転手だった。

父の仕事のためヘウの邸宅の離れに引っ越すことになったイスは
転校先の高校でヘウと同じクラスに。2人はしだいに親しくなり、やがて初めての恋に落ちる。



そんな中、ヘウの父チョ・ウィソンが飲酒運転で死亡事故を起こす。
サングクに頼まれ、ウィソンの身代わりとして自首することを承諾したヨンマン。

しかし、ある決意をした彼は、警察署に向かう途中で何者かに殺されてしまう…。

一方、イスは父ヨンマンが遺した秘密文書を発見するが、ヘウに
「何があっても僕らは別れない」という言葉を残し、行方不明に。

大型トラックにはねられた痕跡からイスは死亡したとみなされ、ヘウは絶望する。
そんな彼女を支えたのは、幼なじみのオ・ジュニョンだった。


それから12年後。
情熱的で勇敢な検事となったヘウ(ソン・イェジン)は、ジュニョンとの結婚式の日を迎え
多くの人々から祝福を受けていた。
ヘウは式場に現れた見知らぬ男がなぜか気になる。

ヨシムラ・ジュン(キム・ナムギル)と名乗った彼は、夜空を眺めながら
「北極星は道に迷った人の道しるべとなってくれる」と口にする。

それはかつてイスがヘウに語った言葉だった…。



その直後、12年前の出来事を思い起こさせる殺人事件が発生。
事件の真相を追い始めたヘウは、イスが生きていることを確信するが…。





ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:



BSで観たのでほとんどカットされてるんでしょうね。
たまに「???」って感じるシーンもあったりで^^;


でもストーリーは面白かったです。
ですが。。。最後は何であんな形で終わってしまったんだろう。
キム・ナムギルssi死んでしまうの多くない?^^; 
別にタイプではないんだけど・・・引き込まれていくのよね。 目力で・・・





イスの青年を演じたヨン・ジュンソク君、よかったです。
成長したね~ 背とともに^^ 演技といい表情といい、すごくうまかったです。
これからの活躍、注目ですね。



↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ