私も花!



『私も花!』     2011年  全15話


脚本: キム・ドウ

演出: コ・ドンソン

キャスト: ユン・シユン、イ・ジア、イ・ギグァン(BEAST)
        ハン・ゴウン、ソ・ヒョリム ・・・


  -世知辛い世の中でも、仮面を取れば、誰もが人生の主人公になれる-

冴えない婦人警官ボンソンが
駐車係をしているが、実は高級アパレルショップのCEOという2つの顔を持つジェヒと
最悪な出会い方をしたものの、お互いが気になり始め…

ボンソンは古いタイプの女で、ジェヒはそんな女を恋する育ちの悪い男。
そんな2人があれこれ衝突しながら魅かれていく・・・シンデレラストーリー





「原則ない人事考課を改善しなさい!」警察署の前で 1人デモする婦人警官ボンソンは
いつもイライラしていた。
チーム長の「懲戒か心理治療がどちらかを選べ」という指示で
テファを尋ねて相談をするボンソン。

帰り道にボンソンはスクーターに乗ったジェヒとぶつかるが
ジェヒはボンソンの額をたたいて去っていってしまう。

そのジェヒは、駐車場の係員として働くようになる。
しかし、その正体は会社のCEOだった。

一方、新入警察官マルはボンソンに「ボーイ・フレンドがいますか?」と聞いてくるのだった。

そんなある日、ジェヒは偶然ボンソンが電話口で話しているのを聞いてしまう。
「自分のことが嫌い・・・。」と言うボンソンの姿を見たジェヒは…。







ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:



向こうでは評価低かったみたいですがー私はよかったと思いました。
思ってたよりも楽しく見れたし。
最初・・・シユン君の周りの人の年齢が少し高かったせいかちょっと違和感があるかな~と。
でも回が進むにつれてシユン君が役をうまく演じて、キャラを自分のものにできたような
そんな感じがしました。

シユン君は元々出演する予定ではなかったんですよね~
キム・ジェウォンが撮影中にケガをしてしまって降板。
急遽代役でシユン君が引き受けたんです。
準備も何もしてないまま撮影に入ったのはすごいことですよね。

お相手のジアさんもその当時いろいろあって・・・ 大変だったと思います。

ドラマの内容もそんなに悪くなかったと思いますよ。
でもね、1人の女がね(悪役)見ててイライラー。ジェヒとボンソンの邪魔をするんです。
2人がいい感じになってきた~ってなるとね。

警察官なのに相手のこと気になりはじめた時や嫉妬したりと
恋すると乙女になるボンソンが可愛かった^^; 部屋に戻ってジェヒのことを思い浮かべてるときとか
ニヤけてるボンソン、よかったですゾ。
恋愛経験が少ないせいか勘違いしやすいんですよね~(笑)
ジアさんちょっと苦手な方だったけど、このドラマはよかった。警察官も似合ってたし。
こういうラブコメっぽいの今後も出てくれたら観ると思う。
クールなイメージしかないのでね。

シユン君が演じたジェヒ、かっこ可愛かったぁ~♪
ツンとする時や甘えたりと・・メリハリがイイ^^

はじめはどうかな~と思ったけど、よかったです。



↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2014.05.19(Mon)   私も花! * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ