キム・ジェウク、ドラマ「感激時代」降板。



俳優キム・ジェウクがKBS 2TV水木ドラマ「感激時代:闘神の誕生」から降板した。

キム・ジェウクの所属事務所は13日、公式Facebookを通じて
「残念ながらキム・ジェウクが『感激時代』第8話を最後に降板することになった」と明かした。
キム・ジェウクは「感激時代」でキム・スオク役で登場した。



えぇ?!!




所属事務所は
「避けられない状況により、制作陣と相談した結果、惜しくも降板を決定した。
たくさん期待していただいていたのに、申し訳ない気持ちだ」と明かした。

「近いうちに良い作品で伺いたいと思うので、寛大な心で引き続き見守って欲しい」
「今後『感激時代』にたくさんの応援をお願いしたい」と付け加えた。


制作陣も
「ドラマのストーリーが変更になり、キム・ジェウクが降板することになった。
キム・ジェウク側とよく相談して調整した」と語った。


キム・ジェウクが務めたキム・スオク役は
シン・ジョンテ、キム・オクリョンと三角関係となる重要な役だった。


特にこれに先立ち、脚本家の交代も知られ、視聴者は
「ひょっとすると内部に問題があるのではないか」と疑っている。


第1話から「感激時代」の執筆を担当したメイン脚本家のチェ・スンデは10話まで担当し
11話からはパク・ゲオクが脚本を務める。

脚本家の交代により、展開される内容に変化が生じ
この過程でキム・ジェウクの出番が減ったことで避けられず降板を決めたものと見られる。

「感激時代」は1930年代の韓国と日本、中国を舞台に闘神の物語を描く。
韓国で毎週水木 午後10時から放送されている。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると13日に放送された「感激時代」10話は
全国基準視聴率11.4%を記録し、2回連続で自己最高視聴率を記録した。






残念ですね...


脚本が変わるって、どんなないようだったのでしょうかね。
放送中に変わるってよっぽどですよね。 視聴率11%、まぁまぁいいのかな?
観てないのでその辺はわかりませんが。


主役と恋のライバルで、これから重要な役になる予定だったのに
脚本が変わって出番が少なくなった?
必要な役なのに出番を少なくするとは・・・どういうことなのだ?

ほんと残念だね。
体力的にも大変で長い撮影で、短い出番だったけど
ジェウク君、お疲れさま。


また次、良い作品に出会えるといいね。

楽しみにしてます♪



↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

関連記事
2014.02.20(Thu)   韓国エンタメ * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ