チェ・ジニョク、「応急男女」制作発表会。



ドラマ「応急男女」の制作発表会は21日、ソウル江南区論硯洞で行われた。

主演を務めるソン・ジヒョとチェ・ジニョクをはじめ
俳優イ・ピルモ、チェ・ヨジン、クララ、キム・チョルギュ監督が出席し
ドラマを紹介した。






キム・チョルギュ監督は「応急男女」について・・・
「基本的に非常に明るく軽快なドラマだ。
生と死が行き交う救急室を舞台に、若い頃に大恋愛を経て結婚したが
現実の壁にぶつかって離婚した男女が再会し、お互いに成長しながら新たな姿も見つけ
自身の姿も振り返りながら成長する様子を描く。
軽快なトーンで明るく描いていきたい」と明らかにした。


「やはり『応急男女』の一番の魅力は
5人の俳優がこれまでの姿とは全く違う姿を見せるということだ。
大変明るく軽快でテンポの良い愉快な姿をお見せする。
これまで見せてきた姿とは異なる姿を見せることが
大きな魅力の一つになるだろう」と強調した。


「メディカルドラマを期待しているとがっかりすると思う。
愉快で明るいラブコメディだ。
ソン・ジヒョとチェ・ジニョクが非常にはしゃいでドラマをしていることが見える。
これまでやってきた役に物足りなさを感じていたようだ。
今回のキャラクターはとても明るくて軽快で感情表現が豊かだ。
このような人物に会って二人の俳優はすごく嬉しく思っているようだし
やってみたかった潜在的なエネルギーを発散できると感じているようだ」と話した。







「応急男女」で軽いキャラクターを演じることに対し、チェ・ジニョクは
「これまでは重い役を主に演じてきたので驚かれると思う。
このようなシノプシス(ドラマや舞台など作品のあらすじ)を
僕にくださったこと自体が不思議だった。この作品を見ると
僕が今まで演じた役がかなり重かったと思われるはずだ」と話し始めた。






「これまで重いキャラクターを演じてきたし
前作『相続者たち』で僕を初めて見た方々は大変驚かれると思う。
これまでに演じてきた役の中で
僕の実際の性格に一番似ているキャラクターだ」

「僕がどれだけ演技をしても、不自然に見えたり
抵抗感が生まれたりすることもあり得ると思う。
だから、最初は弱めにして、段々と強くすることを構想した」と説明した。




「普段からいたずら好きで純粋なところがある。
このドラマがヒットしなくても、現場で僕たちはとても面白いので
一生記憶に残る作品の一つになりそうだ」と付け加えた。

「若く見える顔ではないので
これまで演じたキャラクターはいつも実際より1~2歳年上だった。
今回の作品でも、バツイチの男性で僕より年上の人物を演じるので
脚本家さんや監督と相談した」と話した。



今回の作品でチェ・ジニョクは
家や学歴、男性の経済能力を考慮する俗物的な女性ではないオ・ジニ(ソン・ジヒョ)と
結婚したが、想像とは違って
結婚後変わったジニとの対立で離婚したオ・チャンミン役を演じる。





チェ・ジニョクは結婚に対し
「結婚というものは、実は若い時の方が憧れていたと思う。
不思議と周りの友人たちが早く結婚することになり、最近では考えがだいぶ変わった」としながら
「寒い季節なので、大変なときには結婚のことを沢山考えるようになる」と話した。



「応急男女」は6年前に離婚して敵になった夫婦が
病院の救急室でインターンとして再会して繰り広げられる話を描いたラブコメディである。

主人公オ・ジニとオ・チャンミンは二度と出会えないような特別な縁で結婚したが
結婚後はもう会いたくない悪縁に急変し、離婚した夫婦だ。
韓国で24日午後8時40分から放送スタート。









24日からだからもう始まっちゃってるよね^^;

今さらの記事にしちゃってごめんなさいね~
私は今、違う人にキュンキュンしてましてですね・・・ あっ気づいてた?(笑)

なので見れなくてゴメンヨ~ でもいつか見るからさ(汗)

ラブコメなので面白そうだわ☆



右の~お隣のクララって言う人・・・昔もうちょっと可愛かったよね。
こんなボンキュッボンだったかしら^^;
私が観たときのクララさんは清楚な感じでしたよ。




↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑


関連記事
2014.01.25(Sat)   韓国エンタメ * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ