yoo君、映画「容疑者」NAVERライブショーケース。



俳優のコン・ユとパク・ヒスンが1千万観客突破の公約を掲げた。

26日の午後9時に開かれた映画「容疑者」NAVERライブショーケースには
ウォン・シンヨン監督ならびに俳優のコン・ユ、パク・ヒスン、チョ・ソンハが出席した。






「容疑者」で容疑者チ・ドンチョル(コン・ユ)を追いかけ始める
防諜分野最高のベテランミン・セフン大領を演じたパク・ヒスンは
公約をかけてほしいという注文に
「公約を準備してきた。
1千万観客を超えた場合、続編を制作する」と話し、笑いを誘った。




「容疑者」で殺人事件の濡れ衣を着せられ、追いかけられる中
家族を殺した者を探すために追撃を始める容疑者チ・ドンチョルを演じたコン・ユは
「制作者の方々はあちらにいらっしゃる」と冗談を言った後

「もし、『容疑者2』が制作されたら、俳優の立場として快く出演したいという意味。
元々700万観客の公約をかけようとしましたが
1千万観客が象徴する意味が大きいじゃないですか」と説明した。







■ウォン・シンヨン監督が俳優コン・ユが上半身裸になった理由について言及。


「あえてコン・ユを上半身裸にさせた理由は何か。
700万観客を1千万観客にするという意図なのか」という冗談交じりの質問
ウォン・シンヨン監督は
獣のようなキャラクターだったため、そうした」と答え、笑いを誘った。



続いて「獣のような一面を見せたかった。コン・ユが上半身裸になったため
コン・ユぐらいの筋肉を持つ代役を見つけることが難しかった」
とコン・ユが代役なし
自ら難易度の高いアクションを披露したことについて明かした。






「容疑者」は皆のターゲットになったまま
自分の家族を殺した者を追いかける
最精鋭特殊要員チ・ドンチョルの物語を描いたリアルアクション映画。

「トガニ 幼き瞳の告発」以来コン・ユの2年ぶりのスクリーン復帰作であり
「セブン・デイズ」のウォン・シンヨン監督がメガホンを取った。
韓国で12月24日に公開される。





獣のようなキャラクター(笑)


”コン・ユぐらいの筋肉を持つ代役いなかった”
スタントマンでは・・いくらなんでも同じような体格の人はいないでしょうね・・
探すの難しいと思います。

ただ・・・コンユ君の肉体美を見せたいがために
脱がせたんでしょうね(笑) あはは~




↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑

関連記事
2013.12.01(Sun)   コン・ユ * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ