チェ・ジニョク、インタビュー。



次世代スターの一人として
日本でも人気急上昇中の俳優、チェ・ジニョク。

2010年ドラマ「パスタ~恋が出来るまで~」で顔を知られるようになった彼は
その後、「大丈夫、パパの娘だから」で主演を務め
「ロマンスが必要」「私の娘コンニム」などの話題作に次々に出演。

そして「パンダさんとハリネズミ」では
ユン・スンア演じるダヤンを子どもの頃から
一途に思い続ける純情なケーキ店の社長を好演した。

強い存在感とともに
俳優としても一歩ずつ成長を続けるチェ・ジニョクにインタビューした。




ちょっと前の記事です...^^;






★「パンダさんとハリネズミ」で演じたウォニルは
 “チャドナム(クールで都会的な男性)”と“愛嬌男”を行き来する
 正反対の魅力を持ったキャラクターでした。
 ご自身と比較しての共通点、相違点は?


ジニョク
似ている部分はたくさんありましたね。
女性を好きになるとその人一筋になってしまう点などは
恋愛のスタイルが僕と似ていると思うし、嫉妬深い面もあるし
子どもっぽいところもあり、そんな部分が若干僕と似ているなと思っていたんです。
それで、実は最初にシノプシスにあったウォニルのキャラクターより
僕に合わせたというか、僕のイメージを生かして演じた気もします」




★撮影現場の雰囲気はいかがでしたか? 当時のエピソードなどがあったら

ジニョク
「本当に楽しく撮影しましたね。
僕は共演者と親しくなってこそ、いい演技ができると思っているんですが
親しくなりすぎても問題があるんですよね(笑)
現場で笑いをこらえることに苦労したし、監督にも怒られました(笑)
『いたずらはその辺にして、真面目に撮影するぞ』とかって。
演技ができなくてNGが出てしまったことはむしろなくて
笑いのツボに入ってしまって何度やってもNGという方が多かった気がします。
現場の雰囲気が本当によくて、俳優同士もとても仲がよかったんですよ」




★ウォニルは韓国最高のケーキ専門店の社長でした。
 ジニョクさんは甘いものは好きですか?


ジニョク
「油断するとすぐに太ってしまう体質なので、いつもダイエットしているんです。
なので、甘いものを食べるという考えがなかったんです。
もともと幼い頃から、甘いものあまり好きではなかったということもあって。
でも今回のドラマで初めてマカロンを食べたんです。
あれ、本当においしいんですよ(笑)
僕が好きなタイプのお菓子だったので、マカロンは時々買って食べますよ(笑)」





★共演したSUPER JUNIORのドンヘさんとは、以前
ドラマ「大丈夫、パパの娘だから」でも共演しましたね。
実際にも仲がいいと聞きました。
歌手ではない、俳優としてのドンヘさんの魅力はどんなところでしょうか?


ジニョク
「ドンヘの場合、演技を始めたばかりの俳優が思う緊張感や怖さ
現場での戸惑いなどがないんです。
ベテラン俳優さんとのシーンでも、気持ちで負けることもなく
堂々と演技していて。
僕の場合は、たくさん緊張するし、悩むし、あまり眠れないしで
ストレスがかなりたまるタイプなので…。
ドンヘは『できなかったら、次にうまくやればいいじゃない』という前向きな心の持ち主なので
とてもうらやましかったです。
そんな部分は、俳優として本当に見習うべきところなのではと思いましたね」



★ヒロインをめぐってドンヘさんが演じた主人公と三角関係になりますが
 パン・ダヤンのような女性はどうですか? 好きなタイプですか?


ジニョク
「個人的には…あまり…(笑)正直に言いすぎかな(笑)」



★では、実際はどんな女性に惹かれるのですか?

ジニョク
「幼く見える女性にはあまり惹かれません。
自分の言いたいことをハッキリと言って
少し頑固なくらいに自己主張も強い人好きです。
そうしながらも愛嬌もたっぷりで、そんなスタイルがいいですね」



★ジニョクさん自身は愛嬌たっぷり?

ジニョク
「僕は愛嬌もある方だし、親しい人の前では100%違う姿なんですよ。
友だちがテレビに出ている僕を見て
本当に恥ずかしくて見てられないって言うくらいです(笑)
ウォニルのキャラクターが
僕がテレビや公式の場であまり見せてこなかった姿を、たくさん見せてくれたような気がします。
それなりに新鮮でしたし、このドラマでまた違う演技ができたように思いますね」



★OSTにも参加しましたね。
 ジニョクさんが歌った「サランドチ」という曲は
 ジニョクさんのハスキーで甘い歌声が人気を集めました。
 OSTを歌うことになったきっかけは?


ジニョク
「人気、集めました?(笑)
このドラマの作家さんとは2度目のお仕事だったんですが
その作家さんが僕の幼い頃の夢が歌手だったということを知っていたんです。
それでいろいろと手伝ってくださって、参加することになったんです。
僕にとっては新しい経験でしたし、光栄な作業でしたね。うれしかったです」



★今後、歌手チェ・ジニョクとしてCDを発売する予定は?


ジニョク
「CDまでは分かりませんが、機会があるならOSTもいいですし
音楽活動を一度やってみたい気もします。
でも公式にするよりは、僕のやりたい音楽はこうだ、僕の歌声はこうだとお聴かせする程度に。
ファンの方々はいいとおっしゃってくださいますが
ファン以外の方々が聴いたときにどう思うのか分からないので(笑)
正式にデビューして活動するのはちょっとプレッシャーかな」





★これまで演じたキャラクターで、印象深かった役は?

ジニョク
「やっぱり『ロマンスが必要』だと思います。
実は『ロマンスが必要』のペ・ソンヒョンが、一番自分と似ていると思うんです。
全体的な性格や話し方好きな人に対する接し方など。
それまでの役が、自分にはあまり合わない役だったと思っていた中
ペ・ソンヒョンというキャラクターを演じることになって…。
彼はホテルの会長の孫でお金もたくさん持っているような人物ですが
行動やイタズラっ気がある点もとてもかわいいし、
好きな女性に真っ直ぐに向かっていく姿も好感が持てました。
演じながら僕と似ている部分が多かったので
撮影している時間がとても楽しかったです。
その作品のおかげで演技に対する面白さも分かり始めたし
人々に僕をたくさん知ってもらえることにもなりました」




★今後挑戦してみたい役柄は?

ジニョク
「本当にたくさんありますが、実は重いキャラクターはあまりやりたくないですね。
むしろ男らしい姿を見せられるような
アクションもたくさんある役とかはやってみたいです」




★最後に、日本のファンにメッセージを

ジニョク
「日本でファンミーティングをやったときに
感謝の気持ちがとても大きくて、今後そのような機会を持とうと努力をしています。
日本活動も頻繁にできたらいいですし
早く日本を訪れてファンの方々にお会いしたいです」





「パンダさんとハリネズミ」が日本で放送が決まってのインタビューみたいですね~
まだね、このドラマ見てないんですよ^^; えへへ。
関西では放送がありませんしね(悲しいわ)

・・調べたら見れるじゃないですか!!!


BSジャパンで来月の9月9日~放送。
月曜~金曜 午前11時~12時。 しかも字幕です♪
吹き替えでなくてうれしい~^^

 ⇒⇒ BSジャパン「パンダさんとハリネズミ」


うわぁ~楽しみやぁ~^^ 一気にテンション上がった~
録画しなきゃですね♪



さて、インタビューの記事読んで・・

マカロンがちょっと気に入ったお菓子なのね~
私はマカロン苦手なんですよ(合わなくて残念~)

好きなタイプは・・自己主張も強い人かぁ。
ってことはSっぽい人?
なんかドラマの見過ぎかもしれないけど
向こうの女性はなんか強そうだもんね^^; 見た目からとかも。

歌手活動はちょっと・・アカンかも。
ほら、イタくなるかもしれないし。(某俳優みたいに)
やめておいたほうがいいよ。
ファンミとかで歌うのはいいけどさ。音楽活動は・・。


ロマンス~で演じたソンヒョンに近いんですね~
ふむふむ。なるほどね~

ニヤけちゃうわ~。
またドラマ見直したいなぁ~ソンヒョンに会いたくなってくる。


あ、最近またジレットのCM流れてますね♪
なんでか手を止めて ジッと見てしまいます。
あと「やさしい~ やさしい~ やさしい~~」って
一緒になって言ってしまう(笑)


年齢的にもそろそろ兵役ありますね。
来年っぽい?
心の準備もしておかなければ。ね。
まだ早いけど。。。突然にってこともあるからね。




↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
関連記事
2013.08.16(Fri)   韓国エンタメ * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ