九家の書、花のプロポーズ。

「九家の書」で、イ・スンギがmiss Aのスジにロマンチックな“花のプロポーズ”を届ける。

イ・スンギ(チェ・ガンチ役)は、韓国で27日に放送される
MBC月火ドラマ「九家の書」第15話で
暗い表情で窓辺に立っているスジ(タム・ヨウル役)の前に現れ
花を渡しながら自分の気持ちを伝える。

想像を超えた魔法のようなプロポーズを披露し、視聴者を虜にする予定だ。











何よりこの“花のプロポーズ”を通じて
これまでスジへの気持ちを本格的に表したことのないイ・スンギが
初めてスジに自分の気持ちを伝えるという点でも、注目が集まっている。

二人がお互いを見つめ合い、明るい笑顔の姿から、特別な気持ちが伝わってくる。

“政略結婚”という難関にぶつかった
“ガンタム(チェ・ガンチ+タム・ヨウル)カップル”が
試練を乗り越え、甘い“火花散るロマンス”を展開することができるのか
関心が集まっている。


二人のロマンチックな“花のプロポーズ”シーンの撮影は、19日
京畿道龍仁にあるセット場で約3時間に渡って行われた。

二人のやりとりが重要なこのシーンのために
イ・スンギとスジは撮影場に入ってすぐ台本を読み
台詞のやりとりの練習をしながら撮影に備えた
。顔を合わて台詞のトーンや雰囲気について話し合い、監督にもアドバイスを求め
完成度の高いシーンを撮るために努力を傾けた。


特に、イ・スンギが花を渡した後
照れたような表情を見せるというドラマの設定を完璧に演じきると
男性のスタッフからは「キュンときた」「顔がにやけてしまう」という
嫉妬(?)の声が上がり、撮影現場は笑いの渦に包まれた。


一方、この日の撮影ではイ・スンギがプロポーズの際に渡す花による問題も起こった。
花が少し時間が経つと枯れてしまうため
常に新しい花に替えなければならず
急遽スタッフたちは大量に同じ種類の花を用意するなど、多くの苦労があったという。


制作会社のパク・テヨン制作総括PDは
「イ・スンギが花のプロポーズを通じて
初めてスジに自分の気持ちを伝えるシーンだ。
劇中だけでなく、実際にも可愛く愛らしい二人のおかげで
撮影現場もいつも和気藹々としている。
楽しい雰囲気の中で、完成度の高い作品が出来上がっている」と伝えた。


第14話では、タム・ヨウルが父であるタム・ピョンジュン(チョ・ソンハ)から
「パク・テソ(ユ・ヨンソク)との結婚を準備しろ」という突然の話を聞いて
号泣するシーンが描かれた。

チェ・ガンチの父親であるク・ウォルリョン(チェ・ジニョク)を刀で切ってしまった
タム・ピョンジュンとしては
半人半獣のチェ・ガンチとタム・ヨウルの仲が深まっていくのを
ただ見ているわけにはいかなかったのだ。



タム・ヨウルはパク・テソと結婚をすることになるのか
チェ・ガンチとタム・ヨウルの恋はどうなるのかに注目が集まっている。





ええ感じになりそうですが~どうでしょうね~
いろいろと障害が・・・

ま、ちょっとはラブっぷりが見れるってことかしら^^

ほんとキュン♪っとさせておくれーー><



ウォルリョンが帰ってきましたぁ^^ イェイイェイ♪
・・・でもダークになってるんですよね;;
次々と殺してるんですよ><

ダークなウォルリョンだけど、相変わらずかっこええ♪
ジニョクが似合うんよ。

あぁーこれからどうなっちゃうんだろう・・・ガンチとの関係も。
複雑だわー



あとは
ゴンの髪型が.....前の方が似合ってたよぉーー><(ボソッ)




↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑
関連記事
2013.05.26(Sun)   九家の書 * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ