九家の書、記者懇談会。 [追記あり]



イ・スンギが、後輩miss Aスジへの配慮で
記者懇談会の会場を和やかな雰囲気にした。


20日、イ・スンギとスジ、ユ・ドングンは
京畿道一山MBCドリームセンターで開かれた月火ドラマ「九家の書」の記者懇談会に参加し
ドラマの人気の秘訣や撮影の裏話などを打ち明けた。


この場でイ・スンギのスジへの配慮が輝いた。










イ・スンギはこの日、スジが当惑のあまり言葉に詰まるたびに
「手伝おうか?」と配慮を惜しまなかった。


スジはこの日、最近報道された
推定広告売上100億ウォン(約9.2億円))という記事に言及されると当惑し
「多くのご声援に広告もたくさん撮り、その代わり責任感もたくさん生まれたようです」
「多くの方々が愛して下さるおかげです」と控えめに答えた。
その後、言葉に詰まると、イ・スンギが乗り出して代わりに答えた。




イ・スンギは
「数年前、僕もそんな風に報じられました。
でも、実際に100億を稼ぐことはない。
広告を撮ると皆、成金になりそうだが、そうでもない。スジさんもそうだと思う」
と積極的に乗り出した。

人気の裏には殺人的なスケジュールを消化しなければならない負担など
華やかさの裏に隠された苦労を取り上げた。

「そばで見ていて可哀そうな部分もある」というイ・スンギの言葉に
スジは涙を隠せなかった。


それだけではない。
イ・スンギはまた、スジが恋愛の演技への
自身の考えを話す途中で言葉に詰まると、「手伝おうか?」と尋ねた。


特にユ・ドングンとイ・スンギは
「何を手伝わなければいけない?」「何をしてあげようか?」など
スジへの質問攻勢が続くたびにアドリブを入れ笑わせた。
イ・スンギの重なる配慮に、記者会場の雰囲気は和やかになった。





イ・スンギはこの日、これまで先輩の役者とばかり共演してきたが
初めて年下の女優と共演することへのプレッシャーを明かした。
彼はスジと一緒に現場で演技を合わせてみるなど
たくさん努力していると打ち明けた。
スジは「想像以上に面白く、とても気遣ってくださる」と
イ・スンギへの感謝の気持ちを示した。




6日に放送された第9話で、スジの胸に手を置いた演技
いわゆる“マナー違反な演技”について説明した。


第9話で、倒れそうになったスジをイ・スンギが支えようとして
偶然胸を触ってしまうシーン。

この場面は劇中二人が危機に迫り
身を隠さなければならない状況になって慌てるところ
思わずガンチがヨウルの胸に手を乗せてしまい
男性だと知っていたヨウルの正体が、実は女性であることに気づく
劇展開上に必ず必要な場面だった。
このシーンは「イ・スンギの悪い手」と呼ばれ、ネット上で話題になっていた。






イ・スンギは
「(男性ファンは)ショックを受けたようだ。
何の言い訳が必要でしょうか」と口を開き
「台本と監督の演出に従いベストを尽くしただけ。
本当に下心はなかったし、最善の演技をしようと努力した」と話した。

「あのことがあってから、撮影現場であまり歓迎してくださらなくなった男性は
『スジのファンの方だ』と思うようになりました」と皮肉を言いながら
「作家の方が放送後、『犠牲になってくれてありがとう』とメールをしてくれた。
僕一人の犠牲で僕たちのドラマがうまくいくのなら、それで十分」と笑いながら語った。



敏感な場面なだけに「NGもたくさんあったんじゃないですか?」と聞かれると
イ・スンギは
「NGはありませんでしたが、さまざまな角度で撮りました。
僕らが照れくさくてリハーサルもできない状態でいると、シン・ウチョル監督が
“動揺しないで、演技だから早くしてみ”と
オーダーしてくださったので、うまく撮れたと思います」と当時を回想した。






胸に手を置かれたスジは
「台本を読んで驚いたけど、私も台本に忠実に演技をしました。
恥ずかしがる隙もなく、シン監督から“早くしてよ”って言われ、ポーズをとりました。
面白かった」と照れくさそうにコメントした。




スジが涙をこぼした理由については最後まで聞けなかった。
しかし先輩ユ・ドングンは
「芸術家はもともとこうだ。
スジがタム・ヨウル役にとても没頭しているせいだろう」と話し
状況を収拾する余裕を見せてくれた。



スジは「今の年齢で精力的に活動して
プレッシャーやストレスを感じないか?」との質問に
「プレッシャーがないとは言えません。
私の周囲の人たちを見て頑張っています」と伝えた。





イ・スンギはユ・ドングン演じるイ・スンシン将軍と対話するシーンで
感極まったと振り返った。

劇中、「お前は何者として生きていきたいのか」と問われ
「人間になりたいです」と涙を浮かべて答えた。

イ・スンギは
「リハーサルから涙をたくさん流しました。セリフや表情に神経を使わず
内側から感情が噴出しました」と明かした。
また、ユ・ドングンについて
「内面の何かをつかみ出して感じさせてくれる」と述べ
共演は俳優としての財産になったと感謝した。


「九家の書」は人間になりたいと願う半人半獣のチェ・ガンチをめぐる
ファンタジーとアクションを交えたメロドラマ。
妖怪「九尾狐」の血が混ざったチェ・ガンチは
武芸に秀でたタム・ヨウル(スジ)と運命的な恋に落ちる。


ドラマのメッセージについては
「『人間らしく生きるとは何なのか』を
半人半獣の姿を通して描こうとしているようです」と語った。



イ•スンギは悪役演技に対する質問を受けた。

「悪役演技は、様々な経験を経て培える内功が必要だと思います。
30代か40代半ばに悪役演技で大賞を狙ってみたいです」と話した。

また
「私の演技を通して
最も強いインパクトを与えることができるのは、悪役だろう」と
悪役挑戦の意志を燃やして注目を集めた。



現在「九家の書」は
ガンチと対立するチョ・グザヌン(イ・ソンジェ)の対決が
本格的に始まる兆しを見せ、緊張が高まっている。





全24話の同ドラマは20日放送の13話から
チェ・ガンチとタム・ヨウルの本格的なロマンスがスタート。
2人は試練にさらされることになる。


スジは
「これからのヨウルは、ガンチを通じて
どんどん女性らしくなってキレイになります。
心に潜めた女性性と愛嬌がたくさん出るはずです」と二人が繰り広げる
恋の展開に期待を寄せた。


イ・スンギは
「個人的にはメロドラマの演技が最も難しく、緊張します」と述べたものの
「今後、チェ・ガンチとタム・ヨウルの甘い関係や
切なさを感じてもらえるでしょう」と自信をみせた。

「からまった運命がほどけると同時に顛末(てんまつ)が明らかになります。
どのように全てを盛り込むのか悩むほどスペクタクルな葛藤が満載です。
波乱に満ちた胸が痛いメロドラマになるようです。最後まで応援お願いします」と述べた。








この胸に触れてしまうシーンねぇ~
「えぇ!胸に@@」ってびっくりしちゃったわ^^;

ま、役だからなぁーやらなきゃいけないのは仕方ないんだけども。


スジファンの方はきっとスンギ君嫌いになりそうだね(笑)
特にメンズは^^;


スンギ君はホント撮影現場を和ませてるんだねぇ
気遣いがすごいわ。年関係なく、誰にでも。


ドラマも後半になってきましたね。
延長ってあるのかな?何話までなのかしら? ←全24話だそうです。

今回は視聴率もいいし、スンギ君好きとしては嬉しいですなぁ~


いつも出るたびにプレッシャー感じてるんだろうな。




暑くなってきたけど・・撮影がんばれ!! ファイティン!!



[P.S.]
次々と情報が入ってきたので、元の記事文章に混ぜながら
追記しました。



↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑
関連記事
2013.05.21(Tue)   九家の書 * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ