きらきら光る



『きらきら光る』  2011年  全54話


脚本: ペ・ユミ 

演出: ノ・ドチョル

キャスト: キム・ヒョンジュ、イ・ユリ
       キム・ソックン、カン・ドンホ、パク・ユファン ・・・




お金持ちの娘として
何不自由なく育ってきたジョンウォン(キム・ヒョンジュ)と
貧乏な家で借金取りに脅えながら生活してきたグムラン(イ・ユリ)。

実はこの二人、同じ日に同じ病院で生まれ、取り違えられていたのだった。
運命を取り違えられた2人と
その家族たちの愛、葛藤、決断、復讐を描きだす・・・


お嬢様とビンボー娘が大逆転!?
取り違えられた娘たちの波乱万丈のストーリー。








出版社「知恵の森」の社長の娘ジョンウォン。
チーム長を務める彼女は
仕事一筋で恋愛にはまったく興味のない“干物女”。

母が決めた見合いに渋々出かけるが
そこにいた新聞記者スンジュンを見合い相手と間違えた上に
すったもんだに巻き込まれ・・・。

一方、ジョンウォンと同じ日に生まれたグムランは
貧乏な家で借金取りに脅えながら暮らす本屋の店員。

恋人のスンジェと結婚間近のはずだったが
スンジェはグムランの母が無理してプレゼントしたスーツを着て
他の女との見合いに行ってしまう。

その見合い会場でグムランはジョンウォンと運命の出会いを果たすが・・・。








ストーリー:

キャスティング:

おすすめ:





面白かったな~
もう続きが気になっちゃってソワソワ。



デボム役のカン・ドンホ君よかった。

やさしくって~見守ってくれてて~慰めてくれて~
歌も歌ってくれて~めちゃいい人だったわ^^
メガネもよかった♪


ジョンウォンとスンジュンとの3人の時
笑えるところもあっておもしろかった☆


スンジュン。。顔がタイプではないけど、
顔に出さなくて冷静な態度のスンジュンも素敵だったわ~
ぎこちない感じに、ちょいキュン♪しましたよ^^




ドラマにはよく悪役がいますよね。。
今回はスンジュンの母親が強烈だった。

しかもグムランを使って。。

グムランも見てて腹が立って、出てくるたびにムカムカしてたんだけど
グムランの気持ちはわからなくもない。だんだんね 可愛そうに見えてきた。

しかし、初めのほうと比べて
だんだんメイクとか髪型とか、ケバくなってきてたね・・

入れ替わったと分かる前の方が可愛かった。


入れ替わった2人の話、
その両親の話、異母兄弟のソウの話も・・・

あ、ジョンウォンの叔父ソウ。パク・ユファン。

ジョンウォンよりも年下だけど叔父さんなの(笑)
父親の異母兄弟にあたるからね。。^^; 

ジョンウォンの職場の同僚に恋しちゃって"甥"って言っちゃったり。
デボムと一緒にいる時も面白かったなぁ。


ジョンウォンのダメダメな兄も面白かったな~主夫になってて(笑)



54話とちょっと長い気もするけど
そう感じさせないくらいサクサクっと見れました。
面白かったです☆



↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2013.05.11(Sat)   きらきら光る * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ