九家の書、セリフ覚え・・。



ドラマ「九家の書」への初登場を控えているイ・スンギとスジの
“ファンタスティックな相性”の秘訣が公開された。

第3話から本格的に登場するイ・スンギとスジの
ファンタスティックな相性に関心が集まっている。







イ・スンギとスジは撮影中ずっと
手から台本を離さずに過ごす姿で、視線を引いている。


連日続いているハードな撮影スケジュールの中でも
台本を読み込んで確認しながら暗記し
いつでもどこでも台本から目を離さないでいる。



実際イ・スンギは、台本を貰うと
台詞を暗記しやすいように自分の出演シーンに下線を引き
“受験生”のように台本に集中している。


スジも台本ごとに自身の出番を様々な形のポストイットで細かく示し
繰り返し暗記している状態だ。





また二人は、一緒に登場するシーンにおいては
互いに台詞をやり取りしながら練習に練習を重ねている。



特にイ・スンギとスジは
二人を率いるシン・ウチョル監督の“オンデマンド演技指導”に従い
毎シーン顔を合わせながら工夫し、注目を浴びている。


シン・ウチョル監督は、イ・スンギ、スジとシーンについての説明と
感情における意見を交流するかと言えば
台詞のトーンだけでなく歩きや手足の仕草まで徹底分析し会話を交している。

完璧なシーンのために細かい部分まで配慮し
シン・ウチョル監督の“名演出”のオーラが
二人の炎のような情熱とあいまり、大ヒットドラマの誕生を予感させている。





制作会社のパク・テヨン製作総括監督は
「イ・スンギとスジは、撮影直前まで台本から手から離さないのはもちろん
シン・ウチョル監督と長時間リハーサルに没頭し
シーン分析に徹底している。
撮影が完了するまで他の作品に比べて時間が2倍以上かかっているが
3人の情熱によりドラマの完成度がより一層高まっている」と伝えた。



「九家の書」は、半人半獣として生まれたチェ・ガンチが
人間になるために繰り広げる
スペクタクルで軽快な武侠(武術・任侠をテーマにした作品)活劇。





次々と記事があがってきますね~

そんなにあげられると困っちゃうわ。 忙しいのに^^;
でもうれしいんだけどねぇ~寝不足になってもいいわ(笑)


撮影大変みたいだね~


ガンバレ!!! スンギ君!!


ファイティン!!! p(>△<)q




↓1ポチしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
2013.04.16(Tue)   九家の書 * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ