ピニ、10カ月ぶりのカムバ。



INFINITEは21日、ソウル・汝矣島 M-PUBで
記者会見を行って10カ月ぶりのカムバックを宣言した。


INFINITEは4thミニアルバム『New Challenge』をリリース。


“新しい挑戦”というアルバムタイトルのように
INFINITEはニューアルバムを通じて
強烈な“シンクロ率100%の群舞”のイメージを脱いで
明るくてかわいくて自由奔放な感じに挑戦する。




リーダーのソンギュは
「今まで執着が強い愛の歌を歌てきましたが、今回は僕らの歌で愛を伝えたい」
「僕らもソフトで甘い愛の歌でとても明るくなりたかった。
青春ドラマの主題歌のように勇気がでる曲」と
ニューアルバムのタイトル(リード)曲『MAN IN LOVE(男が愛する時)』を説明した。


10カ月間、ソロおよびユニット活動、ドラマ出演など
個人活動にまい進してきたINFINITEは
10カ月ぶりに“完全体”になって帰ってくる。






ソンギュ
「それでもこうやって皆でファンの前に立つことが、最も意味があります」

「前のアルバムとは違うコンセプトなので、心配もしました。
果たしてこのような姿を好んでくれるのかと心配したけれど
予告映像が一つずつ公開されるたびに反応が良かったのでありがたかったです」

「最近“無限大集会”というファンミーティングを行いましたが
その時のコンセプトが初心でした。『初心に戻ろう』という意味を伝えました」
「今回のアルバムを機に
         韓国内だけでなく海外でも一生懸命活動するでしょう」




ウヒョン
「実際は僕たちより、ファンの皆さんが7人組としてのカムバックを
もっと待ってくれていたと思う。その気持ちに応えるため
爽やかで素敵なパフォーマンスと歌を一生懸命に準備しました」

「特に新しい音楽的な試みをたくさんしました。
メンバーもアルバム作業にたくさん参加し、
アイディアもいろいろ出して自作曲でも参加しました」と、期待を頼んだ。

ウヒョンは今回のアルバムに
ファンへの愛を歌った初の自作曲『ビューティフル(Beautiful)』を収録し
シンガーソングライターとしての可能性を垣間見せた。





INFINITEといえばすぐに思い浮かぶ“シンクロ率100%の群舞”を捨てた。


ホヤ
「群舞に固執するよりは
僕らの自由奔放な姿を舞台の上でお見せしようと思っています。
ダンスもメンバーの個性が出てると思います」




INFINITEは春を迎えて
明るくて軽快な歌『MAN IN LOVE(男が愛する時)』でK-POP界のトップを狙う。



作曲家チームSweetune
「編曲バージョンだけで
20バージョンを越えるほど多様な試みの末に完成させた曲。
僕らの歴史上最もたくさんの苦労がつまった作品」
と言うほど、時間と手をたくさんかけた。





久しぶりにK-POP界に帰ってきただけ、INFINITEのメンバーの期待も大きい。



実際に恋に落ちるとどうなるのかについて・・・

「恋をしたのはかなり前のこと」としながらも
「会えば献身的になる」と口を揃えた。



ソンギュ
「恋をしたことはかなり前のことでよく覚えていないけれど
振り返ってみると相手の前では気弱になって従順になるようだ。
愛する女性にすべてを捧げられる男になるようだ」


ソンジョン
「初恋はまだだけれど、愛する人がいれば目で訴えるだろう。
相手のために、すべてを犠牲にしたい」とほのめかした。


ソンヨル
「以前もそうだったけれど、これからも常にすべてをかける


エル
「相手よりも献身的になる。執着するし、全てを捧げようとする





ウヒョン
「かなり変わるだろう。
メイクが濃くなったり、運動を熱心にすると思う。
また、愛のセレナーデを歌ってあげるため練習するかもしれない」


一方、ホヤは
「恋をしたのもかなり前だし、本当の恋はしたことがないと思うので曖昧。
臆病になる方だ。簡単に近づけない」と言い、意外な一面を見せた。




 今回のアルバムでは、以前に比べて柔らかく
 明るい雰囲気の音楽を選びました。青春ドラマの感じがするように演出。
 聴くと何だか元気が出る、勇気が生まれる歌を収録しました。



ソンギュ
「今回のアルバムを契機に多くの方々により一歩近付いたらうれしいし
今回のアルバム活動を基点に
世界的にも羽ばたける機会がきたらいいなと思います。
常に一生懸命やって発展する姿をお見せできるようがんばります」と所感を語った。


エル
大衆性と音楽性を共に
認められるグループになりたい
」としっかりした覚悟を語った。


ホヤ
「音楽的な試みやコンセプト、雰囲気の面でたくさん挑戦したアルバムです。
アルバムのタイトルも『New Challenge』に決まりました」





INFINITEの4thミニアルバム『New Challenge』には
INFINITEの新しい挑戦が込められた。

タイトル曲『MAN IN LOVE(男が愛する時)』は
INFINITEの音楽的長所と新しい変化を1曲に込めた曲で
今までの暗くて強烈なINFINITEのイメージの代わりに
明るくてかわいらしい魅力が特徴だ。



タイトル曲「Man in Love」は
タイトなドラムビートとファンキーなベースリズムをもとに
恋に落ちた男なら誰でも共感できる内容を歌詞に込めた。


ドンウ
「今回のタイトル曲は、恋に落ちた男を表現しました。
歌で愛を見せたいと思います。特に多くの方々が共感できる歌です。
恋に落ちた時の心境を表現しようとしました」と話した。





今回のアルバムには「Man in love」の他にも
「これよりいい事はない」と
昨年ソンギュが発表したソロアルバムのタイトル曲で
今回INFINITEバージョンとして新しく編曲された「60秒」が収録された。



「New Challenge」は、INFINITEの新しいチャレンジを見せるアルバムで
パワフルな音楽と
“カル群舞”(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせたキレのあるダンス)で
代表されるINFINITEが
恋のために胸をときめかせる男に変身し、期待を集めている。


Mnet「M Countdown」でカムバックステージを披露し、本格的な活動を開始する。






もう、カムバして出てますね~^^;


アルバム出すのに記者会見とかってやってたんかな~?

10ヶ月ぶりだから?



そっか~10ヶ月ぶりなのか~
2日に1回はピニ聴いてるから そんな久しぶりだったなんて。。。

今までのタイトル曲は
かっこいいナンバーだけど、今回はやさしい、春が来たような感じ♪




写真をいろいろ探したわけですが~

なんだかエル見てたらきゅん♪ってキタ!!!(あへぇ~)

なんやろ、雰囲気が変わった?
髪も軽めのパーマで~ 肩幅が広くなった?(鍛えたの?)
なんか前より素敵になってるやん♪




最近まで美男バンド見てたせいか
そのときと比べて・・大人っぽくなっててキュンってキタ(笑)

白シャツ・・・ 似合ってる人見ると私ダメなんですよ>< 
これにメガネ姿だとキュン死です(爆)




エル君・・・萌え~


上のソンヨルと見つめ合ってる(笑)写真も




きゃわいい~~~



↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
↑1ポチしてくれると嬉しいです↑

関連記事
2013.03.22(Fri)   K-POP * コメント(0) 
コメントの投稿












←管理者にだけ表示する...
ようこそ~☆
当ブログを偶然見つけて来られた方
検索して来られた方
いつも来てくださってる方 …
ご訪問いただきありがとうございます。

コメントは承認制にしています。

記事に関係のないコメントは
こちらの判断で 勝手に削除します。

画像・動画・記事等の著作権は
出処元に帰属します。
画像・記事等の無断転載は
ご遠慮ください。

最新記事
カテゴリ